殺人鬼を母に持つ少年が、野に放たれて…SNSの人気作が連載化「紅い霧の中から」

449

野原もさえの新連載「紅い霧の中から」が、本日5月18日発売の月刊Gファンタジー6月号(スクウェア・エニックス)で幕を開けた。

「紅い霧の中から」より。

「紅い霧の中から」より。

大きなサイズで見る(全4件)

本作は19世紀末のイギリスを舞台に、凶悪な殺人鬼を母に持つ少年・ルワンダを描く物語。長く地下室に監禁されて育ったルワンダは、ある事件をきっかけに家を飛び出す。やがて町へとたどり着いた彼は、養護院の職員に拾われ、施設で暮らすことに。だが平和な日常は、ルワンダにとって退屈でしかなく……。野原がSNSにて発表していた作品が、好評を得て連載化したものとなる。

そのほか今号には、あいだいろ「地縛少年花子くん」が表紙と巻頭カラーで登場。付録として同作の“着せ替えミニクリアファイル”が付属している。

この記事の画像(全4件)

あいだいろのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 あいだいろ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。