りぼんのおみせが本日オープン、クリエイターとコラボのおしゃれアイテムずらり

167

りぼん(集英社)のグッズを扱うポップアップストア「りぼんのおみせ in Tokyo」が、本日3月6日から20日まで東京の原宿にある複合型施設・baseyard tokyoで開催される。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

大きなサイズで見る(全43件)

「りぼんのおみせ in Tokyo」の店外。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の店外。

これは8月3日に創刊65周年を迎えるりぼんが、“むすぶ”をコンセプトに展開するプロジェクト「りぼんのりぼん」の1つ。まず店の入り口には、雑誌の周年を祝うメッセージや、おなじみのりぼんちゃんの姿が流れるにぎやかな電光掲示板が設置されている。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

1階では雑貨や文房具、ファッショングッズを中心とした全38種類のアイテムを販売。気鋭の写真家やスタイリスト、女性スケートボーダーといったクリエイターたちとコラボしたTシャツも並んだ。またレターセット付きナプキン、吸水パンツ「ムーンパンツ」といった変わり種もラインナップされている。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

「りぼんのおみせ in Tokyo」の様子。

さらに店内では好きなアイテムと色を選び、好みの位置に印刷して自分だけのオリジナル商品を作れる企画も。アイテムはTシャツ、トートバッグ、サコッシュ、ポーチ、色はパープル、オレンジ、グリーンの3色が取り揃えられている。なお店の一角には、りぼんちゃんと並んだり、りぼんの単行本カバーに登場したりといったデザインの写真が撮れるフォトスポットも設けられた。

「り本展」の様子。

「り本展」の様子。

2階では、コラボアイテムを手がけたクリエイターたちのりぼんに対するコメントや、編集部おすすめのりぼん作品を販売する「り本展」を実施。スタイリストの二宮ちえは矢沢あいの「天使なんかじゃない」、ペインターの西雄大はさくらももこ「ちびまる子ちゃん」を推薦した。

なお「りぼんのりぼん」のプロジェクト第2弾として、りぼん創刊65周年仕様のInstagramフィルターが配信スタート。第3弾では、りぼんのロゴをフォント化したLINEスタンプが3月13日より販売開始される。なおりぼんフォントを全面にあしらったクリアファイルも「りぼんのおみせin Tokyo」で販売中だ。

この記事の画像(全43件)

「りぼんのおみせ in Tokyo」

期間:2020年3月6日(金)~3月20日(金)
時間:12:00~21:00(日曜のみ11:00~20:00)
場所:東京都 baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)

矢沢あいのほかの記事

リンク

(c)SHUEISHA