中野ブロードウェイに住む謎生物とテキトー女子の日常「中野ブギウギ」1巻

175

研そうげん「中野ブギウギ」1巻が、本日2月26日に発売された。帯には内藤泰弘が推薦文を寄せている。

「中野ブギウギ」1巻帯付き

「中野ブギウギ」1巻帯付き

大きなサイズで見る(全10件)

「中野ブギウギ」は生まれも育ちも東京・中野の美大予備校生みれいが、中野ブロードウェイに隠れ住んでいた謎の生命体・オメメと出会ったことから始まるご当地コメディ。オメメはみれいと暮らし始め、人目を避けるため今まで堂々と入れなかった店にも彼女と一緒に入れるようになり、中野の住人たちに驚きを与えながらもその存在が受け入れられていく。将来への希望と不安が入り混じった日々を適当に過ごすヒロインのライフスタイルを、何でもアリな雰囲気が漂う中野という土地に現れたエイリアンとともに描く。同作はKADOKAWAのWebマンガサイト・ComicWalkerで連載中。

作品の舞台にかけて、明屋書店中野ブロードウェイ店、ブックファースト中野店という中野の2書店では「中野ブギウギ」1巻の購入者に特典のペーパーを配布。詳細は購入予定の各店にて確認を。

この記事の画像(全10件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 研そうげん / 内藤泰弘 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。