日本は大きな壁で分断された…脱出請負人の少女を描く仮想戦後活劇1巻

32

池田邦彦がゲッサン(小学館)で連載している「国境のエミーリャ」の1巻が、本日2月12日に発売された。

「国境のエミーリャ」1巻

「国境のエミーリャ」1巻

大きなサイズで見る

本作は第二次世界大戦終結後、強固な壁で東西に分断された日本が舞台。東トウキョウの街で食堂の給仕係として働きながら、脱出請負人として越境を手伝う19歳の少女・杉浦エミーリャの姿が描かれる。「カレチ」「甲組の徹」の作者による、仮想戦後活劇だ。

池田邦彦のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 池田邦彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。