石田三成流“処世の作法”満載の戦国コメディ「ミツナリズム」モーニング新連載

91

鈴木コイチの新連載「ミツナリズム」が、本日2月6日発売のモーニング、Dモーニング10号(講談社)にてスタートした。

「ミツナリズム」扉ページ。(c)鈴木コイチ/講談社

「ミツナリズム」扉ページ。(c)鈴木コイチ/講談社

大きなサイズで見る(全2件)

読み切り「石田三成ズム」の反響を受け連載化となった本作は、戦国武将・石田三成を軸にしたコメディ。羽柴秀吉の部下として仕える後の三成・佐吉が、福島市松、加藤虎之助、大谷紀之介らとともに乱世を賢く生き抜く様子が描かれる。また今号にて、カルロ・ゼン原作による石田点「テロール教授の怪しい授業」が連載再開した。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。