コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「Dr.STONE」ステージイベントで2期のティザーPV初披露、3つの見どころも

457

「Dr.STONE」ステージイベントより。

「Dr.STONE」ステージイベントより。

稲垣理一郎Boichi原作によるTVアニメ「Dr.STONE」のステージイベントが、千葉・幕張メッセにて開催された「ジャンプフェスタ2020」で本日12月22日に行われた。

イベントには千空役の小林裕介、大樹役の古川慎、司役の中村悠一、クロム役の佐藤元、コハク役の沼倉愛美、ゲン役の河西健吾が登壇。まずはステージのスクリーンに映された原作カットに、6人がその場で声を当てる。キャスト陣が披露する生の演技に観客席からは大きな歓声が湧いた。小林らの挨拶が終わると、1期の内容を振り返るダイジェスト映像が上映される。制作が決定している2期のティザーPVも初お披露目され、2期で登場する千空、クロム、ゲンのセリフが流された。

続いて来たる2期の見どころを3つに分けて紹介するコーナーへ。1つめの見どころとして千空と長らく司帝国にいた大樹と杠の再会、2つめの見どころとして司帝国との戦いが、それぞれ挙げられる。司役としてコメントを求められた中村は、「1期では司帝国の先鋒隊が先に戦いを挑んできて、追い返すという展開がありましたが、2期からは本格的な戦いが始まるので、原作を読んでいない人は楽しみにしてもらいたいです」と視聴者の期待を煽った。3つめの見どころとして挙げられたのは、作中に登場する数々の科学ネタ。原作のファンでもある佐藤は1期で印象に残った科学アイテムについて聞かれ、視力が弱いキャラクター・スイカのために千空たちがメガネを作るシーンに言及する。自身も視力が弱いことを明かし、「初めてメガネをかけたときの『世界ってこんなふうに見えるんだ』という感動を思い出しました。いいシーンでした」と熱弁した。

さらに2期のティザービジュアルにも登場した科学アイテム・閃光玉に絡め、閃光玉に用いられているのと同じ科学現象を利用した1977年発売の小型印刷機・プリントゴッコで、キャスト陣が年賀状を作成する企画が行われた。披露された完成品は小林らのサイン入り。抽選で10名にプレゼントされることも明らかになった。抽選への応募方法は2020年に発売される週刊少年ジャンプ(集英社)のいずれかの号で発表される。詳細は続報を待とう。

ここでスペシャルゲストの登壇が告げられ、観客席からはどよめきが起こる。ステージに姿を現したのは1期1クール目のオープニングテーマ「Good Morning World!」を手がけたBURNOUT SYNDROMES。同楽曲を生演奏で披露し、会場を盛り上げた。そのあとは原作者の稲垣、Boichiから届いたメッセージを、小林、佐藤がそれぞれ代読。キャストたちからも2期への意気込みが語られる。最後に会場の全員が千空のおなじみのセリフ「唆るぜこれは!」を叫び、イベントは幕を閉じた。

「Dr.STONE」は、全人類が石化するという謎の現象が起きてから数千年後の世界を舞台にしたSFサバイバル。TVアニメ1期は7月から12月にかけて放送された。

※「ジャンプフェスタ」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

コミックナタリーをフォロー