コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」完全新作アニメ化決定!2020年秋に

11659

「星ドラ CEO 就任記念 堀井雄二×DAIGO 生対談」にて、スクリーンに映し出された告知動画。

「星ドラ CEO 就任記念 堀井雄二×DAIGO 生対談」にて、スクリーンに映し出された告知動画。

三条陸原作、堀井雄二監修による稲田浩司「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」の完全新作アニメ化が決定した。時期は2020年秋。

「ダイの大冒険」はゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観をベースに、勇者ダイと仲間たちの旅を描いた冒険ファンタジー。週刊少年ジャンプ(集英社)で1989年から1996年にかけて連載され、単行本全37巻が刊行された。文庫版は全22巻で発売中。累計発行部数は4700万部。1991年にTVアニメ化も果たしている。

このたびのアニメ化は、千葉・幕張メッセにて開催されている「ジャンプフェスタ2020」のスクウェア・エニックスブースで行われた、「星ドラ CEO 就任記念 堀井雄二×DAIGO 生対談」の中で発表された。ステージには堀井雄二とDAIGOに加え、三条が登壇。アニメーション制作を東映アニメーションが担当することも明かされた。DAIGOは「ステージ降りたらバランヘアーにします」「ヒュンケルの格好をしたい!」と興奮気味にコメント。堀井は現在の技術で制作される新作アニメに期待を寄せ、三条は「がんばってきたかいがあった。これからもドラクエの仲間として『ダイ』を愛してくれたら」と長年のファンに感謝を述べた。ステージでは稲田が寄せた描き下ろし色紙も公開。なおスクウェア・エニックスにより、同作のゲーム化プロジェクトが進行していることも発表された。

少年ジャンプ+では12月23日より「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」の無料連載がスタート。2020年1月6日より、1991年版のアニメが各種配信サービスにて配信されることも告知された。

※「ジャンプフェスタ」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

三条陸(原作)コメント

「『ダイの大冒険』を最新の技術で再びアニメ化したい!」そういうリアルタイム世代の方々の声を聞いてはいましたが
2020年、ついにその夢が実現する事となりました!連載当時の読者が作品を作れる年齢になったのです。スタッフの熱いトークを聞いているだけで感動してしまいます。
再びダイたちが帰ってくる日が、今から楽しみです!!

稲田浩司(漫画)コメント

初めて“ダイの大冒険”を知ることになる方々に、そして知っている方々にも、興味を持って観ていただける作品になってくれれば嬉しいです。以前アニメにしていただいた時とは、制作方法などいろいろ変わっているようなので、新しいアニメのダイたちが、どんな風に動きまわるのか楽しみにしています。

堀井雄二(原案)コメント

「ドラゴンクエスト」をコミック化するにあたり、世界観は同じにするが、ゲームとはまた違った物語にしよう。そんなコンセプトで、三条先生、稲田先生にコミック化をしていただきました。当時アニメ化もされましたが、長き時を経て、現在の最新の手法で、再びアニメ化されることになりました。こんな嬉しいことは、ありません。
期待感いっぱいです。早く見たいです!

コミックナタリーをフォロー