コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

長谷川町子記念館が来年4月にオープン、美術館は長谷川の収集品展示に専念

221

東京・長谷川町子美術館は長谷川町子の生誕100周年を記念し、分館として長谷川町子記念館を2020年4月14日にオープンさせる。

長谷川が姉の毬子と集めた美術品を展示するべく、1985年に開館した長谷川町子美術館。しかし長谷川のマンガを目当てにやってくる来場客も多く、同館では長谷川の作品や資料を展示する「町子コーナー」を急遽設けた。分館の建設は、スペースの都合で来場客の満足する展示ができないという美術館の考えから至ったもの。美術館は長谷川の収蔵品を並べる形に戻り、記念館ではより長谷川作品の展示を充実させていく。

記念館では「サザエさん」「エプロンおばさん」「いじわるばあさん」といった代表作とともに、長谷川が描いたさまざまな作品やその人となり、仕事の全貌がわかる常設展示を用意。企画展示室ではあらゆる角度から長谷川の仕事を紹介する企画を打ち出していくという。第1弾として4月14日から6月28日までは「長谷川町子の漫画創作秘話」を開催。また館内にはグッズショップとカフェも同時に登場する。

長谷川町子記念館

開館日:2020年4月14日(火)
開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替期間、年末年始
住所:東京都世田谷区桜新町1-30-6
長谷川町子美術館の向かい側。

長谷川町子の漫画創作秘話

期間:2020年4月14日(火)~6月28日(日)
場所:東京都 長谷川町子記念館2階 企画展示室

コミックナタリーをフォロー