コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「プロメア」佐倉綾音が「わかりみが深い!」、東京国際映画祭で観客と熱い思い共有

135

映画「プロメア」上映イベントの様子。左から氷川竜介、中島かずき、今石洋之、佐倉綾音。

映画「プロメア」上映イベントの様子。左から氷川竜介、中島かずき、今石洋之、佐倉綾音。

アニメ映画「プロメア」の上映イベントが、第32回東京国際映画祭の一環として去る10月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。

第32回東京国際映画祭の「ジャパニーズ・アニメーション」部門に選出されている「プロメア」。英語字幕付きで行われた応援上映後のトークショーには、今石洋之監督、脚本を担当した中島かずき、進行役として本映画祭のプログラミング・アドバイザーを務めるアニメ評論家の氷川竜介が登壇した。

本イベントが夜遅くまで続いたため、はじめの挨拶で今石監督が声援を送り続けた観客を労うと、応援上映の熱が冷めない客席から「お疲れ様でしたー!」の声が飛び、今石監督も「こんなにリアクションがいい舞台挨拶はない(笑)」と笑顔を見せる。さらにサプライズゲストとして、アイナ・アルデビット役の佐倉綾音が呼び込まれると、会場から一際大きな歓声が起こった。

氷川は「プロメア」がジャパニーズ・アニメーション部門においてエンタテインメント担当だと話し、「応援上映を世界に知らせるという意味を込めて選出しました」と選出の理由を伝えた。ステージ脇で会場の様子を見ていたという佐倉は「応援上映という文化が好きで、通い詰めていた時期もあったんです」と明かし、「やっとこの大きいスクリーンで、たくさんの皆さんが応援してくださっているのを生で体感できてうれしかったです」と「プロメア」の応援上映に参加できた喜びを口にした。

応援上映の印象を聞かれた今石監督は、「セリフだけじゃなくて、『なんでー』とか『その通り』みたいな細かい合いの手が楽しいですね」と、普段の上映とは違った面白さがあることを話す。さらに応援上映で一番好きなリアクションとして、氷の湖のシーンで起こるキスコールを挙げ「キスコールしたうえに『はあん』みたいな。(リアクションまで)全部入っているところが完璧だなと思って」と感想を伝えると、隣にいた中島も「わかる!」と大いに共感し、「アメリカのシットコムを観ているお客さんみたいだよね」と、劇中に観客の笑い声も入るシチュエーション・コメディを引き合いに出し笑いを誘った。

また氷川が「特定の作家とか作品じゃなくて、日本のアニメはここまできましたねっていうのを見せるのが目的」と本作も選出されている「ジャパニーズ・アニメーション THE EVOLUTION OF JAPANESE ANIMATION/VFX」部門について説明すると、中島はこの日の応援上映を受けて「この作品は、日本のお客さんはここまできましたよっていうのを見せている」と返し、客席から大きな拍手を受ける。中島は続けて「皆さんがいることで新しい何かが生まれている。この時間だけが我々がNetflixに勝てる瞬間かもしれないですね」と笑顔で話し、演劇では観客と役者によって特別な空間が生まれるという話をよくすると前置きした上で「それがまさかアニメで体感できる日が来るとは思わなかったな」と語った。

最後の挨拶では、佐倉が「なまじっか(応援上映の)ノウハウがあるものですから、参加したい!声出したい!って思いながら見てました」と話し、ロングラン上映を続ける本作の応援上映、4D上映への参加に意欲をみせる。さらに「私は本当に、アイナとエリスの話が見たいんですよ。でも皆さんはクレイのその後も見たいですよね?」と、物語の広がりに期待を寄せると客席からも歓声が起き、佐倉も「わかりみが深い!」と熱い気持ちを観客と共有していた。

コミックナタリーをフォロー