コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

舞台「PSYCHO-PASS」開幕、虚淵玄からもらった言葉に久保田悠来「最大の賛辞」

438

舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」囲み取材の様子。

舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」囲み取材の様子。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」を原作とした舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」が、本日10月25日に開幕。公演に先がけ、囲み取材とゲネプロが行われた。

虚淵玄による全面監修のもと、TVアニメ第1期のストーリーが展開される「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」。囲み取材には狡噛慎也役の久保田悠来、宜野座伸元役の真田佑馬、常守朱役の河内美里、縢秀星役の橋本祥平、唐之杜志恩役の愛加あゆ、六合塚弥生役の立道梨緒奈、佐々山光留役の細貝圭、征陸智己役の今村ねずみ、槙島聖護役の前山剛久が登場した。

久保田は雨の降りしきる中で初日を迎えたことについて「あいにくの天候ではありますが、実に『PSYCHO-PASS』らしい始まりだな、むしろ恵まれているな、と思っております」とコメント。監修を務めた虚淵から、通し稽古中に「こんなに面白い本を書いた覚えはない」という言葉をもらったことが印象に残っていると明かし、「我々としては最大の賛辞だと思っていますし『早く続きをやりたい』という言葉をいただけたのも、身に余る光栄だと思っています」とうれしそうに話す。また河内は「初日を迎えることができるのを本当にうれしく思っています。皆さんを信じて、自分を信じて、一生懸命、朱として最後まで駆け抜けたいです」と意気込みを語る。

作品のファンだったという真田は「本当に出られることが幸せで、一生懸命演じさせていただきたいな、と思っています」と感無量の様子。さらに宜野座と同じ誕生日で年齢も一緒であることに触れ「もしこの時代に自分が生きていたらどうやって全うするのか、わからないですけれども、そういった面でも楽しんでいただけたらうれしい」と思いを語る。同じく本作が好きだと語る前山は「アニメが大好きで、しかも槙島聖護が大好きなので、この役を演じられることがとても光栄。稽古を通して、演劇としてやる意味、生身の人間が演じるという意味を考えながら、今日まで稽古をがんばってきました」と振り返った。

同じく学生時代から本作のファンだったと述べる立道も「この作品の、安全な世界に見えて、とても窮屈で残酷な世界を必死に生き抜く人間模様を、お客様にお届けできたらと思っております」とアピール。また橋本は稽古中を振り返り「三浦(香)さんの演出は、役の底の底まで掘り下げて、人間性を出していこうという芝居の作り方。それが自分にとって非常に為になる稽古場で、役としても自分としても葛藤しました」と心境を明かす。また愛加も「三浦さんの演出がとても面白く、自分の想像していた遥か斜め上を行く演出で」と語り、「お客様がどんな反応をされるか、今からとても楽しみです」と笑顔を見せた。

細貝は「セットを見ていただいたら解ると思うんですけれども、本当にみんなが集中していないと危険を伴うかもしれず、でも、だからこそ、この『PSYCHO-PASS』という作品を僕たち人間が表現できるのかな、と思っております」と見どころを語り、今村は「とにかくジェネレーションギャップを感じず、若者と心と身体を1つにして、この世界で真っ当に生きていきたいと思います」と笑いを誘った。舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」は11月10日まで、東京・品川プリンスホテル ステラボールにて上演。さらに11月10日に上演される千秋楽公演は、ニコニコ生放送にて独占生配信される。なお本公演のBlu-ray / DVDは、2020年3月18日にリリースされる。

舞台「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―」

日程:2019年10月25日(金)~11月10日(日)
会場:東京都 品川プリンスホテル ステラボール

スタッフ

脚本:亀田真二郎(東京パチプロデュース)
演出:三浦香
監修:虚淵玄(ニトロプラス)

キャスト

狡噛慎也:久保田悠来
宜野座伸元:真田佑馬
常守朱:河内美里
縢秀星:橋本祥平
唐之杜志恩:愛加あゆ
六合塚弥生:立道梨緒奈
チェ・グソン:磯野大
泉宮寺豊久:大塚尚吾
王陵璃華子:藤本結衣
佐々山光留:細貝圭
征陸智己:今村ねずみ
槙島聖護:前山剛久

(c)サイコパス製作委員会 (c)舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』

コミックナタリーをフォロー