コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「死役所」記者会見、キャラが崩れた松本まりかに松岡昌宏が“仏”の対応

405

「死役所」記者会見の様子。左から黒島結菜、清原翔、松岡昌宏、松本まりか、でんでん。

「死役所」記者会見の様子。左から黒島結菜、清原翔、松岡昌宏、松本まりか、でんでん。

あずみきし原作によるTVドラマ「死役所」の記者会見が本日10月10日に東京都内で開催され、シ村役の松岡昌宏TOKIO)、三樹ミチル役の黒島結菜、ハヤシ役の清原翔、ニシ川役の松本まりか、イシ間役のでんでんが出席した。

「死役所」は、人々が死後に成仏のための手続きを行う場所“死役所”を舞台にした物語。この日の会見は、死役所のセット内で行われた。主人公・シ村を演じる松岡は「とても人気のあるマンガということで全部拝見したんですけれども、これをテレビで表現できるのかな?という不安を感じたのと同時に、もし再現するのであればいち視聴者としても観たくなるなと思いました」と撮影前を振り返る。

20歳の誕生日に死んでしまった女子大生・三樹ミチル役の黒島は「自分の死がなかなか受け入れられず、死役所に居座り続ける役なんですけど、その中でいろいろな人と出会い、どう死と向き合うかを考える役どころで、すごく難しくて。私自身お芝居をする中でいろいろと考えさせられ、いい経験になりました」と述懐。死役所職員・ハヤシ役の清原は「原作ファンが周囲に多くて、友達やいろんな方から『楽しみにしてる』と言われてプレッシャーになった」と明かす。自身の役柄については「(ハヤシは)言葉遣いなどが若者風でチャラいだけで、本人はしっかりしたものを持っている」と説明した。

クールな職員・ニシ川役を演じる松本は「(ニシ川は)原作でも強烈なビジュアルとキャラクターというイメージが強い。絶対に笑ってはいけない役なので、今日の会見もなるべく笑顔の写真を撮られないように。すぐ笑っちゃうんですけど、なるべく笑ってるところは撮らないでいただきたい」と意気込む。しかし、続けて「自分とあまりにもかけ離れてるので、いかに原作に忠実にいけるかっていうのを、ここまで徹底したところはないんじゃないかっていうぐらい作り込みました」とアピールするうちに、ついつい笑顔が出てしまう。必死で真顔を作ろうとする松本に、松岡が「いいんじゃないの、もう? そこまで望んでないよ(笑)」とフォローの声を掛けると、会場からは笑いが起こった。

ここで主人公・シ村の決めゼリフ「お客様は仏様です」にちなみ、MCから登壇者に「今までの人生で出会った人の中で、『この人は仏様のようだ』と思った人は?」という質問が飛ぶ。これに松岡は「お仕事で会った瀬戸内寂聴さんとか。ただ、この(芸能界の)お仕事をしてる人は普通の人とは違うので、大先輩の方々は仏様のような人は多いです」と回答。続く清原が「両親ですかね。ちょっといいこと言っちゃいましたね」と優等生的な回答をすると、松岡は「どうした? そういう売り方かよ(笑)」と茶化した。

松本は松岡の名を挙げ「私がこんなにキャラクターをカチカチに作り上げてきて、でも(今日の会見で)すぐに壊れてしまって、そのときに『笑ってもいいんじゃないの?』って言ってくださって、仏様だなと思いました」と、先ほどの対応に感謝した。でんでんは「40年前に麻雀をやって無一文になったときに、お酒とご飯をご馳走してくれたハシモトさんは仏様のように感じました。40年会ってないので、今は仏になってるかもわからないですけど」と笑う。これに松岡は「撮影してて夜中の10時すぎると、でんでんさんが仏様に見えてくる(笑)。じーっと一点を見つめてて」とエピソードを披露した。TVドラマ「死役所」は、10月16日よりテレビ東京系にて放送開始。

TVドラマ「死役所」

放送日時:2019年10月16日(水)よりテレビ東京系にて毎週水曜深夜24:12~
原作:あずみきし『死役所』(新潮社バンチコミックス刊)
出演:松岡昌宏、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん
監督:湯浅弘章、棚澤孝義、酒井麻衣、松本花奈、蔵方政俊
脚本:政池洋佑、三浦希紗
制作:テレビ東京/ジェイ・ストーム/スタジオブルー
製作著作:「死役所」製作委員会

(c)「死役所」製作委員会

コミックナタリーをフォロー