コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「京都ヒストリカ国際映画祭」でアニメ史辿る上映、「白蛇伝」や京アニ作品も

251

「映画 けいおん!」(c)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

「映画 けいおん!」(c)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

10月26日から11月4日にかけて京都・京都文化博物館で開催される「第11回京都ヒストリカ国際映画祭」にて、特別企画「今こそ語り合おう京都アニメーション、そして京都がアニメ文化史に刻んだ足跡を深掘りする」が行われる。

「京都ヒストリカ国際映画祭」は「歴史」をテーマに世界各国の作品を上映する映画祭。特別企画ではアニメ草創期、戦後の拡大期、そして現在に至る国内アニメの歴史を3部に分け、作品上映を通じて紹介する。第1部「京都アニメーション作品の魅力」では、「涼宮ハルヒの消失」「映画 けいおん!」「たまこラブストーリー」「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」を上映。第2部「アニメ草創期─人材の苗床としての京都」では、1930年の自主制作アニメ「煙突屋ペロー」、1943年の政岡憲三監督作「くもとちゅうりっぷ」、1945年に生まれた日本初の長編アニメーション「桃太郎 海の神兵」の3作を、なみきたかしのトーク付きで上映する。

第3部「時代劇文化が日本のTVアニメを変えた」では「アンデルセン童話 にんぎょ姫」「少年猿飛佐助」「わんわん忠臣蔵」、そして「白蛇伝」の4Kデジタル復元版を上映。「アンデルセン童話 にんぎょ姫」では勝間田具治、「白蛇伝」では小田部羊一と清水慎治によるトークも併せて行われる。そのほか映画祭内では「太陽の王子 ホルスの大冒険」「長靴をはいた猫」もかけられる。各上映の前売券はチケットぴあにて発売中だ。

さらに10月27日には「アニメーションづくりの魅力 - 富山からの発信」と題し、P.A.WORKSの堀川憲司氏によるトークショーも実施。参加は無料だが事前申込制で、申込が定員200名を超える場合は抽選が行われる。参加申し込みは10月9日12時から15日18時まで。映画祭の公式サイトの応募フォームより申込みが可能だ。

コミックナタリーをフォロー