コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

虚淵玄の完全新作!フルCGリアルロボットアニメ「OBSOLETE」12月にYouTubeで配信

2291

虚淵玄が原案・シリーズ構成を務めるオリジナルフルCGアニメ「OBSOLETE(オブソリート)」が、12月よりYouTubeにて配信されることが明らかに。併せてティザービジュアルとティザー映像が公開された。

「OBSOLETE」は高さ約2.5mの意識制御型汎用ロボット「エグゾフレーム」が活躍する、現代から近未来にかけての“if”の世界を描いたリアルロボットアニメーション。2014年に突如異星人が現れ、人類に対して交易を要求し、石灰岩の対価としてエグゾフレームをもたらす。エグゾフレームは戦闘機や戦車、銃よりも安価なうえ、誰でも簡単に乗りこなせることから、瞬く間に広がり世界を変えていく。ティザー映像には異星人の交渉音声や、エグゾフレームが農業や戦闘に活用される様子が収められた。

制作は気鋭のCGアニメーションスタジオ・武右ェ門が担当。監督は2014年より武右ェ門に所属し、あにめたまご2016出品作品「風の又三郎」で監督デビューした山田裕城と、「ヨルムンガンド」「ジョーカー・ゲーム」などアニメ・マンガの設定考証を多数手がける白土晴一が務める。本作はYouTubeのオリジナル作品や映画、イベントを視聴できるサービス・YouTube Originalsのコンテンツとして、バンダイナムコアーツチャンネルにて配信。なおYouTube Originalsは有料会員が最新エピソードを広告なしで視聴でき、無料公開後は有料会員以外も広告付きで視聴可能だ。

(c)PROJECT OBSOLETE

コミックナタリーをフォロー