コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高橋留美子と野田サトルが初対談!創作論から高橋の意外なジンクスまで

4580

高橋留美子×野田サトル対談のビジュアル。

高橋留美子×野田サトル対談のビジュアル。

高橋留美子野田サトルの初対談が実現。前編が明日9月11日発売の週刊少年サンデー41号(小学館)に、後編が19日発売の週刊ヤングジャンプ42号(集英社)に掲載される。

対談は「MAO」1巻が9月18日、「ゴールデンカムイ」19巻が19日に発売されることを記念したもので、大正と現代を行き来する怪奇ロマン「MAO」と、明治の北海道での金塊をめぐるサバイバルを描いた「ゴールデンカムイ」が、大正と明治という近しい時代を舞台にしていることから企画された。対談では高橋と野田がお互いの作品の魅力から、創作についての考え方、高橋の「ネーム中は魚を食べる」というジンクス、野田の「ゴールデンカムイ」取材時のエピソードまで、さまざまな話題について語り合う。週刊少年サンデー、週刊ヤングジャンプでは、2人がコラボした直筆サイン色紙を各誌1名ずつにプレゼントする企画も実施。詳細は誌面を確認しよう。

また小学館のマンガアプリ・サンデーうぇぶりでは、同対談の完全版を公開。前編は9月18日、後編は25日から読むことができる。さらに同アプリでは前編の公開日である9月18日から10月1日にかけて、高橋作品の無料開放キャンペーンを開催。「うる星やつら」「境界のRINNE」「らんま1/2」の1巻から10巻までが対象となる。

コミックナタリーをフォロー