コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

二階堂ヒカル「あおざくら 防衛大学校物語」ドラマ&舞台化決定、主演は本郷奏多

1017

二階堂ヒカル「あおざくら 防衛大学校物語」のTVドラマ化、舞台化が決定した。主演を本郷奏多が務める。

週刊少年サンデー(小学館)にて連載中の本作は、防衛大学校を舞台にした青春物語。防衛大学校に進学した主人公・近藤勇美を軸に、さまざまな目標を持って入学した仲間たちの日々や成長が描かれる。ドラマ化について二階堂は「あまり世間の方々に知られることのなかった世界を、素敵な俳優さんたちが演じてくださることで、多くの人に知ってもらえると考えると、非常にワクワクします! 燃えます!」とコメント。また本郷は「僕自身原作を読ませていただき、しっかりと『あおざくら』のファンになりましたので、原作の空気感を大切に撮影に挑んでいきたいと思います」と意気込みを寄せた。

TVドラマは、MBSの「ドラマ特区」枠にて10月31日より放送開始。監督は「となりの関くん」の平林克理が務め、脚本を吉田恵里香らが担当する。また舞台は2020年春の上演を予定しており、ドラマと同じキャスト陣が主要キャラクターを演じる。

二階堂ヒカルコメント

『あおざくら』原作の二階堂です。
この度は、作品がTVドラマ&舞台化をむかえられたこと、非常に嬉しく思います!
普段から読んでくださっている読者の皆様に感謝しかありません。
自衛官のリーダーを育てる学校という特殊な世界で繰り広げられる、
筋肉と汗と涙の物語…登場人物たちそれぞれの夢や目標、強い意志を感じて、
楽しんでいただければ幸いです。
あまり世間の方々に知られることのなかった世界を、素敵な俳優さんたちが演じてくださることで、
多くの人に知ってもらえると考えると、非常にワクワクします! 燃えます!
日本一厳しい学校と言われる防大での青春、皆さんにぜひご堪能ください。

本郷奏多(近藤勇美役)コメント

僕自身原作を読ませていただき、しっかりと『あおざくら』のファンになりましたので、原作の空気感を大切に撮影に挑んでいきたいと思います。敬礼や号令など防大生のルールを実際に習ってみて、その難しさに少し緊張しておりますが、学生時代の気持ちを思い出して、もう一度青春を謳歌できるよう楽しみたいです。
実写版あおざくら、是非楽しみにしていてください。

ドラマ特区「あおざくら防衛大学校物語」

2019年10月31日(木)毎週木曜24:59~
放送局:MBS、テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉
出演:本郷奏多 ほか
監督:平林克理
脚本:吉田恵里香、宮本武史
企画:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
ドラマ制作:株式会社ダブ
舞台制作:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
製作:「あおざくら防衛大学校物語」製作委員会・MBS

(c)「あおざくら防衛大学校物語」製作委員会・MBS

コミックナタリーをフォロー