アニメ「のうきん」ナノマシン役に羽多野渉、宿屋の娘・レニー役に河野ひより

43

10月より放送されるTVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」の追加キャストが発表された。ナノちゃん役を羽多野渉、レニー役を河野ひよりが演じる。

TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」のティザービジュアル。

TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」のティザービジュアル。

大きなサイズで見る(全13件)

羽多野渉(上)、ナノちゃん(下)。

羽多野渉(上)、ナノちゃん(下)。[拡大]

FUNAによるライトノベルを原作とする「私、能力は平均値でって言ったよね!」は、優秀であるがゆえに思うように生きることができなかった女子高生・栗原海里が、マイルという名前で異世界に転生するところから始まる物語。羽多野演じるナノちゃんは、異世界において魔法の素となる“ナノマシン”であり、マイルのみが目視・会話できる存在だ。アニメでは原作のイラストと大きく異なり、額に“N”のマークがある猫のような姿に。羽多野は「見た目はかわいいのですが、色々超越している所が面白いです! 監督からは、見た目を気にせず地の声で、とのことでしたので自由に演らせて頂きました!」とコメントを寄せている。

河野演じるレニーは、マイルが宿泊する宿屋を子供ながらに切り盛りする看板娘というキャラクター。河野は「レニーちゃんは一生懸命お店のお手伝いをしている、とても素直な良い子です! 可愛い子どもらしさを意識していますが、たまに商売人魂が出てしまうシーンは演じていて特に楽しいです!」とレニーの魅力を述べている。

羽多野渉(ナノちゃん役)コメント

見た目はかわいいのですが、色々超越している所が面白いです!
監督からは、見た目を気にせず地の声で、とのことでしたので自由に演らせて頂きました!
この世界のことを教えてくれる優しい存在です。

河野ひより(レニー役)コメント

レニーちゃんは一生懸命お店のお手伝いをしている、とても素直な良い子です!
可愛い子どもらしさを意識していますが、たまに商売人魂が出てしまうシーンは演じていて特に楽しいです!
看板娘のレニーちゃんにもぜひ注目してください!

この記事の画像・動画(全13件)

TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」

2019年10月放送開始

スタッフ

原作:FUNA・亜方逸樹「私、能力は平均値でって言ったよね!」(アース・スターノベル)
監督:太田雅彦
シリーズ構成:あおしまたかし
キャラクターデザイン:渡辺奏
美術監督:松宮正純、宮本実生
色彩設計:鈴木ようこ
CGラインディレクター:濱村敏郎
撮影監督:二村文章
編集:小野寺絵美
音響監督:えびなやすのり
音響制作:ダックスプロダクション
音楽:三澤康広
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:project No.9

キャスト

マイル:和氣あず未
レーナ:徳井青空
メーヴィス:内村史子
ポーリン:田澤茉純
ナノちゃん:羽多野渉
レニー:河野ひより
ほか

全文を表示

関連記事

羽多野渉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)FUNA・亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント/のうきん製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 羽多野渉 / 河野ひより の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。