コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「キングダム」BD&DVDが11月発売、原泰久×佐藤信介監督の対談など収録

1746

「キングダム」Blu-ray&DVDセット(豪華版)の展開図。

「キングダム」Blu-ray&DVDセット(豪華版)の展開図。

原泰久原作による映画「キングダム」のBlu-ray&DVDが、11月6日にリリースされる。

初回生産限定の豪華版と通常版の2種類が用意されており、いずれもBlu-rayとDVDの2種類を同梱。豪華版にはメイキングやインタビュー、予告編、TVスポットなど約110分の映像特典が収められている。

さらに豪華版特典のBlu-rayディスクには信役の山崎賢人、政役と漂役の吉沢亮、河了貂役の橋本環奈佐藤信介監督、松橋真三プロデューサーによるビジュアルコメンタリーや、完成披露試写会、初日舞台挨拶、大ヒット御礼舞台挨拶、超大ヒット御礼舞台挨拶、公開直前イベント試写会、ワールドプレミアといったイベントの模様を収録。またブックレットには原と佐藤監督の対談、名場面写真集、スタッフインタビュー、絵コンテ集などを掲載している。このほかキャラクターブロマイドカード全6種と特製カードケース、ゴールドアウターケース、スチールブックも付属する豪華な内容だ。

またビジュアルコメンタリー収録時の模様も到着。山崎はオファーが来た際のエピソードを「話を聞いた時は、『ヨッシャ!』という感じでした。マンガの『キングダム』連載10周年の記念動画のときに原作は全部読んで、すごく好きになって思い入れもあったので、映画もできるんだといううれしさがすごかったです」と回想する。原作のファンだったという吉沢は「『キングダム』に標準をあわせて、どういうものが『キングダム』をやる上で必要なのかを逆算して考えたりしていました。すごくこの作品に懸けていたので、決まったときは相当テンションが上がりました」、同じく原作ファンの橋本も「好きな原作の世界観に自分が入っていけることはこれ以上ない幸せです!」とコメントした。

また王騎が登場するシーンでは、松橋プロデューサーが「大沢さんに王騎を引き受けていただいて、感謝です。大沢さんくらいの格がある人にこのポジションに入っていただかないと映画が決まらないと思っていました」「大沢さんには何の予告もせずに、北島プロデューサーとお食事へお誘いしました。食事中はずっと関係ない話をして、全部食べ終わった後に“実はお願いしたい話があって……”と言って、口説き始めたんです」と明かす。佐藤監督は収録を終えた際に「Blu-rayやDVDに収録されているメイキングを見ていただけると、舞台裏でどのようにしてこの作品が作られているかがよくわかると思います。本当に何度見ていても、撮影当時のこだわりや小さなエピソードが色々浮かんできて、今日は皆さんと話すことができて本当に楽しかったです。劇場で見てくださった皆さんも、細かいところをもう一度見て楽しんでいただける作品になっていると思います」とアピールした。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム」製作委員会

コミックナタリーをフォロー