コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「アオイホノオ」「重版出来!」など“マンガのマンガ”を取り上げる企画展

345

企画展「マンガのマンガ展 ~過去と現在、描き手と読み手~」が、8月8日から11月24日まで東京・豊島区役所本庁舎で開催される。

2019年の東アジア文化都市に選定され、さまざまな文化事業を展開する豊島区が「『これも学習マンガだ!』展 ~マンガで学ぶ11の世界~」に続き区役所本庁舎にて行なう同展。島本和彦「アオイホノオ」、松田奈緒子「重版出来!」、コージィ城倉「チェイサー」、相原コージ竹熊健太郎による「サルまん」こと「サルでも描けるまんが教室」シリーズ、日本橋ヨヲコ「G戦場ヘヴンズドア」、芳崎せいむ「金魚屋古書店」といったマンガを題材に描く6作品の複製原稿が展示される。なお会期中にジュンク堂書店池袋本店では、出展作品のうち区役所本庁舎の展示とは異なる複製原稿が登場する。

マンガのマンガ展 ~過去と現在、描き手と読み手~

日時:2019年8月8日(木)~11月24日(日)
※祝日・豊島区役所の臨時閉庁は休み。ただし8月11日(日)、11月3日(日)、11月23日は除く。
会場:東京都 豊島区役所本庁舎4F 庁舎まるごとミュージアム
料金:無料

展示作家・作品

コージィ城倉「チェイサー」
島本和彦「アオイホノオ」
相原コージ竹熊健太郎「サルまん サルでも描けるまんが教室」
日本橋ヨヲコ「G戦場ヘヴンズドア」
松田奈緒子「重版出来!」
芳崎せいむ「金魚屋古書店」

コミックナタリーをフォロー