コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

中田譲治、言峰の衣装で劇場版Fate[HF]トークショーに颯爽と登場

1177

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」のステージイベントより。

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」のステージイベントより。

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」のステージイベントが、本日8月3日に千葉・幕張メッセで開催中の「Fate/Grand Order Fes. 2019 ~カルデアパーク~」内で行われた。

イベントが始まると、「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」の荘厳な音楽とともに衛宮士郎役の杉山紀彰、間桐桜役の下屋則子、セイバーオルタ役の川澄綾子、イリヤスフィール・フォン・アインツべルン役の門脇舞以が登場。言峰綺礼の衣装をまとった中田譲治が登壇した際には、割れんばかりの拍手と歓声が上がった。下屋はすでに読んだという第3章「spring song」の台本について絶賛し、これから行われるアフレコへの決意を語る。

最初のコーナーは「Heaven’s Memories」。キャスト陣に事前に聞いた、2017年公開の第1章「presage flower」、今年1月に公開された第2章「lost butterfly」の印象深い思い出をモニターに映しながら、劇場版が発表された際の歓喜や、下屋、川澄、門脇がホテルで女子会を行なったというエピソードなど和気藹々とトークが繰り広げられた。和やかな雰囲気から一転、士郎、桜、セイバー、イリヤ、言峰の視点から第1章、第2章を振り返る朗読コーナーも。士郎と桜のシリアスな恋心を軸に、それぞれのキャラクターのセリフが読み上げられた。朗読から第1章、第2章のPVと続き、最後は最終章である第3章の最新映像を公開。2020年春に封切られる第3章への期待を煽り、イベントは幕を閉じた。

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring song」

2020年春公開

スタッフ

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給 :アニプレックス

キャスト

衛宮士郎:杉山紀彰
間桐桜:下屋則子
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
ライダー:浅川悠
真アサシン:稲田徹

(c)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

コミックナタリーをフォロー