コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「るろうに剣心」最終章、クランクアップ!和月伸宏から佐藤健に直筆色紙

8558

和月伸宏原作による実写映画「るろうに剣心」最終章の撮影が、クランクアップを迎えた。これに際し和月が執筆した直筆色紙が公開された。

主演の佐藤健に、6月7日のクランクアップ時に贈られたこの色紙。「剣心を演じてくださりありがとうございました!! 心より感謝します!!」という直筆メッセージとともに剣心のカラーイラストが描かれている。

2018年11月4日にクランクインした本作は、京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・熊本・広島・栃木・埼玉・静岡・大阪・長野など全国43カ所で7カ月以上にわたり撮影が行われた。大友啓史監督は「この厳しいスケジュールの中で、『るろうに剣心』シリーズとして期待されるクオリティを実現するために最後まで一切妥協なく頑張ってくれたキャストとスタッフには、本当に感謝しています」と謝辞を述べ、「7カ月間におよぶ撮影は、さまざまな困難をみんなの力で乗り越えた、まさに伝説に残るといっても過言ではないハードな撮影だったと思います。臨場感に溢れた、迫力のある素晴らしい映像がたくさん撮れています」と自信のほどをうかがわせる。またこれから1年かけて編集作業を行うことについては「僕にとっては、まだ完成まで半分しか作業が終わっていない。ここまでの皆の頑張りに応えられるよう、もう一度気を引き締めて、作品に魂を込めていきたいと思っています」と意気込んだ。

そして剣心を演じた佐藤は「この作品は、言うまでもなく僕の誇りで、これまでもこれからも『るろうに剣心』を背負っていきます。特に今回のエピソードはこのシリーズを語るうえで避けることはできないですし、絶対演じたいと思っていました」と作品への思いを明かす。クランクイン前のアクション練習など、準備期間を含め1年以上を本作と向き合ってきたことに対しては「とても過酷な撮影でしたが、シリーズを通して信頼できるスタッフとともに過ごした密度の高い日々でした。好きな役を演じる喜びを感じ、本当に幸せでした。当然ながら思い入れも半端じゃないですし、この現場が大好きでした」とコメントし、「現場に入ってからは、皆様の力でとてつもない作品になると確信し、喜びと手ごたえを感じる毎日でした。皆様には感謝してもしきれません」とスタッフ・キャストへの感謝を口にした。

映画「るろうに剣心」最終章は2020年夏に2作連続ロードショー。最終章ではこれまで語られることのなかった剣心の“十字傷の謎”に迫る物語と、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、志々雄真実を操っていた最恐の敵・縁(えにし)との戦いが展開される。

映画「るろうに剣心」最終章

2020年夏、2作連続全国ロードショー

原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:大友啓史
主演:佐藤健
製作:映画「るろうに剣心」最終章 製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画

(c)和月伸宏/集英社 (c)2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会

コミックナタリーをフォロー