うぶめの石を割った代償は…少年のお江戸幻想譚「妖怪の子預かります」1巻

124

廣嶋玲子原作による森野きこり「妖怪の子預かります」の1巻が、本日6月10日に発売された。

「妖怪の子預かります」マンガ版の1巻。

「妖怪の子預かります」マンガ版の1巻。

大きなサイズで見る(全7件)

江戸を舞台にした妖怪ファンタジー「妖怪の子預かります」は、廣嶋の同名小説シリーズのコミカライズ作品。養い親である按摩の青年・千弥とおんぼろ長屋で暮らす少年・弥助は、妖怪うぶめの住まいである石を割ってしまったことから、うぶめに代わり妖怪の子供を預かることになる。1巻の発売を記念し、有隣堂、丸善ジュンク堂書店、マッグガーデン特約店、MAG Gardenオンラインストア、そのほか一部の書店ではイラスト付きの購入特典が用意された。

また「妖怪の子預かります」1巻と、原作小説の最新刊「妖怪の子預かります8 弥助、命を狙われる」の刊行を記念し、サイン本やサイン色紙が当たる帯キャンペーンを実施。希望者は対象の書籍の帯に付いている応募券を郵便ハガキに貼り、必要事項を明記して応募しよう。詳細は帯にて確認を。

この記事の画像(全7件)

森野きこりのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 森野きこり の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。