コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「広告会社、男子寮のおかずくん」次回作の舞台はハワイ?黒羽麻璃央が野望明かす

1216

映画「広告会社、男子寮のおかずくん」完成披露舞台挨拶の様子。左から小林且弥、崎山つばさ、黒羽麻璃央、大山真志、三原光尋。

映画「広告会社、男子寮のおかずくん」完成披露舞台挨拶の様子。左から小林且弥、崎山つばさ、黒羽麻璃央、大山真志、三原光尋。

オトクニ原作による実写映画「広告会社、男子寮のおかずくん」完成披露舞台挨拶が本日6月2日に東京・よみうりホールにて開催され、キャストの黒羽麻璃央崎山つばさ小林且弥大山真志三原光尋監督が登壇した。

「広告会社、男子寮のおかずくん」は、広告会社の男子寮で暮らす西尾、東良、北、南郷の男子4人組を描く料理マンガ。1月から3月にかけて放送されたドラマ版に引き続き黒羽麻璃央が主演を務める劇場版では、神奈川・江の島を舞台にしたオリジナルストーリーが展開される。

ドラマ化に引き続き、劇場版が決まった際の心境を尋ねられると、主人公の西尾和(にしおかず)を演じる黒羽は「ドラマ版のほうもたくさんの方に見ていただいて、愛をいただきました。すごく仲のいい座組で作品を作れていたので、映画もできるというのは素直にうれしくて、ハードなスケジュールではあったんですけど、疲れた体を撮影の食事のシーンで栄養を摂るみたいな感じで、日々楽しくやらせていただきました」と笑顔を見せる。おかずくんの同期・東良啓介を演じる崎山は「まだ美味しいごはんが食べられるんだってうれしく思いました。お弁当も用意してくださっているんですけど、お弁当も食べつつ、シーンのご飯も食べられるし、食に困らずに、食費を浮かせることができました」とコメントして会場の笑いを誘った。

また江の島で撮影したシーンでは、4人の仲のよさがもっとも表れているそうで、撮影エピソードを聞かれると、11月の海に投げ込まれたという黒羽は「事件ですよ!」と苦笑しつつも、「最終日に撮影したので、今までやってきた『おかずくん』の世界観もあって、僕らも青春って感じで、全員(海に)入ってからは子どもに戻ったかのような気持ちで演じていました」と述懐。崎山は「そのあとに2人ずつでシャワーを浴びたんですけど、それがすごくいいなあと思いました」と声を弾ませ、黒羽は「生まれたままの姿を4人は拝見しています(笑)」と笑った。

さらに、同シーンで印象に残っていることを聞かれた三原監督は「みんなが仲よしだったというのが1番よかったことかなと思います」と撮影を振り返る。続けて「映画を撮影するというお仕事で集まってくれているプロの俳優さんたちなんですが、本当に仲がよかったので、監督としてあまり演出をしなくても、4人が自分の役を知って友だち同士の感覚になってくれていたのでラクでした」と打ち明けた。

 また、“幸せな広告を作る”を夢に仕事を頑張っている本作のキャラにちなみ、自身にとっての“いまの夢”を質問されると、黒羽が「今回は江の島に行ったんですけど、次はアジア。料理があるところならどこでも行けますから」と野望を明かすと、おかずくんの先輩・北一平を演じる小林は「『おかずくん in ハワイ』」と提案。これに賛同した黒羽は「半分冗談で、半分狙っているんですけど、原作も続いていますし、可能性が無限大にある作品ですので、いろいろ広がっていくのが夢の1つかなと思います」と目を輝かせる。同じ質問に、小林が「(黒羽と崎山が出演しているミュージカル)『刀剣乱舞』に出たいです」とコメントすると、この日1番の歓声と拍手が会場から沸き起こり、経理部の南郷正を演じる大山も「俺も言っておこう。『刀剣乱舞』に出たいって(笑)」とすぐさま同調し会場が笑いに包まれた。

映画「広告会社、男子寮のおかずくん」

2019年7月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開

原作:オトクニ(クロフネコミックス・リブレ刊)
監督:三原光尋
脚本:金杉弘子
音楽:MOKU
主題歌:「真夏のファンタスティックボーイ」(LUV K RAFT)
出演:黒羽麻璃央崎山つばさ小林且弥大山真志、逢沢りな、田中要次

(c)オトクニ/libre2018 (c)「広告会社、男子寮のおかずくん」製作委員会

コミックナタリーをフォロー