コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

沙村広明「無限の住人」アニメ化!両親を殺害された少女と不死の用心棒描く復讐劇

6575

アニメ「無限の住人」ロゴ

アニメ「無限の住人」ロゴ

沙村広明「無限の住人」のアニメ化が決定した。

月刊アフタヌーン(講談社)にて1993年6月から2012年12月まで連載された本作は、両親を殺害した剣客集団・逸刀流への復讐を誓う少女・凜と、不死の肉体を持つ凜の用心棒・万次の仇討ちの旅を描く物語。単行本は全30巻、新装版は全15巻が発売中で、2008年にTVアニメ化、2016年に舞台化、2017年には実写映画化された。アニメ化の発表に併せ、ティザーサイトもオープンしている。アニメの詳細は続報を待とう。

なお5月25日発売の月刊アフタヌーン7月号より、沙村協力のもと滝川廉治が原作、陶延リュウが作画を務めるスピンオフ「無限の住人~幕末ノ章~」が連載開始。幕末を舞台に土佐で隠居生活を送る万次のもとに、ある志士が訪れたことから物語が展開される。

(c)️沙村広明・講談社/「無限の住人-IMMORTAL-」製作委員会

コミックナタリーをフォロー