コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「異世界ブラック・ジャック」開幕、あのスゴ腕外科医が見知らぬ土地で奮闘

508

新連載「異世界ブラック・ジャック」が、本日5月15日発売のテヅコミVol.8(マイクロマガジン社)でスタートした。

「異世界ブラック・ジャック」はそのタイトル通り、手塚治虫の「ブラック・ジャック」を題材にした異世界もの。ブラック・ジャックがおとぎ話の世界で奮闘する姿が描かれる。執筆を担当するのは時丸佳久。時丸は今号の表紙イラストも手がけた。

そのほか今号では、海外ゲスト作家枠にスペインのルイス・NCTが登場。手塚の「アポロの歌」を原作に、読み切り「ミナの歌」を描いている。特製キャラクターメダルが付属された限定版には、「ユニコ」のメダルが同梱された。

なおコミックナタリーでは「異世界ブラック・ジャック」の連載開始に併せ、「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリア役、「この素晴らしい世界に祝福を!」のめぐみん役など、多くの異世界ものアニメで活躍する高橋李依にインタビューを実施。「異世界ブラック・ジャック」をいち早く読んでもらい、その感想を聞くとともに、手塚マンガをあまり読んだことがないという彼女の視点から、テヅコミの魅力を語ってもらった。

関連する特集記事

高橋李依が語る「異世界ブラック・ジャック」PR

コミックナタリーをフォロー