コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「映画 賭ケグルイ」公開、原作ファンの池田エライザは「なるべく理想に忠実に」

180

「映画 賭ケグルイ」初日舞台挨拶の様子。左から伊藤万理華、福原遥、森川葵、浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、松田るか、英勉監督。

「映画 賭ケグルイ」初日舞台挨拶の様子。左から伊藤万理華、福原遥、森川葵、浜辺美波、高杉真宙、池田エライザ、松田るか、英勉監督。

河本ほむら・尚村透原作による「映画 賭ケグルイ」の初日舞台挨拶が、本日5月3日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

河本がシナリオ原案・監修として参加し、完全オリジナルストーリーで展開される「映画 賭ケグルイ」。舞台挨拶には蛇喰夢子役の浜辺美波、鈴井涼太役の高杉真宙、早乙女芽亜里役の森川葵、桃喰綺羅莉役の池田エライザ、歩火樹絵里役の福原遥、犬八十夢役の伊藤万理華、皇伊月役の松田るか、監督の英勉が登壇した。一同は客席通路を通ってステージへ上がる予定だったが、先頭の浜辺が導線を間違えてしまい、高杉や森川に呼び止められるというハプニングが発生。赤面しながらステージに辿り着いた浜辺は「『賭ケグルイ』のメンバーは本当に仲が良くて、さっきもギリギリまで楽しくおしゃべりしていたら、すっかりコースを忘れてしまいました……(笑)」と挨拶した。

座長としての手応えを聞かれると、浜辺は「最初の登場でわかったと思いますが、主演として引っ張ったかどうかはさておき、楽しく作り上げることができました」と笑顔を見せる。鈴井役の高杉は今まで解説役のポジションだったが、本作でゲームに参加できたことから「いい気分でしたね」と満足げ。森川は、矢本悠馬演じる木渡潤と熱演を繰り広げたギャンブルバトルシーンについて、「よくアドリブかと聞かれるんですが、セリフはほぼ台本通りです」と明かし、福原は「すごいなあって、目を真ん丸にして見ていました。笑いをこらえるのも必死でした(笑)」とコメントした。

原作ファンである池田は「理想像というか、『こうであってほしい』というものになるべく忠実にやりたいと思っていました。ファンだからこそ自信のない部分もありますけれど、やれるだけはやりました」とアピール。シリーズ初参加となる福原は「これまでイチ視聴者として楽しんでいたので、現場に行ったとき『早乙女さんだ!』『夢子ちゃんだ!』って感動がすごくありました」と喜びを語った。伊藤は「けっこうテンパっていて必死だったので、それが演技にも出ているかなと思います」と述べるが、森川は「そういう役作りだと思ってた! 逆にすごいと思う」と伊藤を絶賛。松田は自身が演じる伊月について「豆生田戦あたりから『使ってやろう』というのとは別の感情が、夢子に対して出てきたんじゃないかな。浜辺ちゃんとも、そのころからたくさんお話するようになりました」と振り返った。

完成披露試写会で「10年間同じキャストで『賭ケグルイ』を続けたい」と語った英監督に対し、「10年後の『賭ケグルイ』はどうなってると思いますか?」と質問が飛ぶと、英監督は「ちょっとしゃべりがゆるくなって、尺が長くなる(笑)」と回答。キャストから「リアル!」と声が起こるなか、池田は「やりたいシーンはいっぱいあるから、10年間で追いつけるかなって。原作を読んでいると『これもカッコいい、あれもカッコいい』ってシーンがたくさんあるから、もしそれができるならと思います」と原作愛を覗かせた。

なお5月17日より、本作のオーディオコメンタリーを再生するスマートフォンアプリを利用した副音声付き上映も各劇場でスタートする。コメンタリーには浜辺、高杉、森川、福原、英のほか、矢本、宮沢氷魚が参加しており、撮影裏話などを聴くことができる。

(c)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ 2」製作委員会・MBS

コミックナタリーをフォロー