コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

山口ミコトのサスペンス「死神様に最期のお願いを」が作画・古代甲でリバイバル

65

山口ミコト原作、古代甲作画による新連載「死神様に最期のお願いをRE」が、本日3月22日発売のガンガンJOKER4月号(スクウェア・エニックス)で始動した。

「死神様に最期のお願いをRE」の物語は16歳の少年・相田静が、家族全員を殺した罪で死刑宣告されるシーンから始まる。判決から2カ月後、拘置所にいる静の前に現れたのは、あの日死んだはずの妹・響だった。驚く静に、彼女は「私は死んだ後『死神』になったの」と告げる。死神の仕事は死後の魂を導くことと、“最期の願い”を聞くことだった。山口の「死神様に最期のお願いを」が、古代の手によりどう生まれ変わるのか、注目しよう。

コミックナタリーをフォロー