コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ヴイナス戦記」Blu-ray化、安彦良和「タイムカプセルから出た本作を観て」

383

安彦良和原作による劇場アニメ「ヴイナス戦記」のBlu-rayが7月26日にリリースされる。

1989年に公開された「ヴイナス戦記」は、巨大な氷惑星の衝突をきっかけに、人類の移住が可能となった金星(ヴイナス)を舞台にしたSF作品。大陸を二分するアフロディアとイシュタルという自治州同士の戦争状態にヴイナスは、政治と環境の両面において先の見えない状況に置かれてる。アフロディアに住む少年・ヒロは、そんな閉ざされた未来に対する不満を、危険なバイクレース「ローリング・ゲーム」にぶつけて過ごしていた。そんな中、アフロディアの首都にイシュタル軍が電撃的に侵攻を開始し……。

公開30周年を記念しリリースされるBlu-rayの特装限定版は、安彦描き下ろし収納BOX付き。またブックレット、縮刷パンフレット、特典映像も収められる。安彦は「デジタル配信の時代になり、『封印』という古びた手法ではもう作品を隠せないことを教えられ、僕は本作と再会しました。なつかしかったです。どの画面も、そして、字幕で見るスタッフの、あの名前も、この名前も。今は、作品と、みなさんに詫びたい気持です。そして、観てやってほしいと切に思っています」とコメントを寄せた。

さらにBlu-ray発売に加え、今回制作したHDリマスター版による上映・配信、原作単行本の電子書籍化といったマルチ展開も予定されている。詳細は決定次第、公式サイトにて発表される。

安彦良和コメント

30年ぶりの『ヴィナス戦記』
30年前、僕は敗者でした。その屈辱と自分への苛立ちで、僕は本作を封印したのです。それは、昭和が終る、さまざまな意味での節目の年でした。30年が経ち、今、平成という次の時代も終ろうとしています。
デジタル配信の時代になり、「封印」という古びた手法ではもう作品を隠せないことを教えられ、僕は本作と再会しました。
なつかしかったです。どの画面も、そして、字幕で見るスタッフの、あの名前も、この名前も。
今は、作品と、みなさんに詫びたい気持です。そして、観てやってほしいと切に思っています。
タイムカプセルから出た本作を、現在(いま)の時代の目で。

(c)学研・松竹・バンダイ

コミックナタリーをフォロー