「ミナミの帝王」“ミナミの鬼”誕生までの物語をドラマ化!主演はボイメン小林豊

1077

天王寺大原作による郷力也「ミナミの帝王」を原作としたドラマ「ミナミの帝王ZERO」が、4月25日より関西ローカルで放送されることが決定した。

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」イメージ写真

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」イメージ写真

大きなサイズで見る(全9件)

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」場面写真

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」場面写真[拡大]

「ミナミの帝王ZERO」は、「ミナミの帝王」の主人公である萬田銀次郎が、いかにして“ミナミの鬼”とまで呼ばれるほどの金貸しになったのかを描く物語。銀次郎の人格形成に多大な影響を与えた両親や初恋の女性などが登場するほか、転落した銀次郎がとある老人とスペシャリスト集団「チーム銀次郎」に後押しされ、壮大な復讐を企てるストーリーが展開される。

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」場面写真

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」場面写真[拡大]

青年時代の萬田銀次郎役はBOYS AND MEN小林豊が担当。銀次郎を演じるにあたり原作を読み込んだという小林は「作品のイメージを崩したくないなと思ったので、漫画のシーンを大事にして演じています。たとえば眼鏡をとる仕草とか、しゃべっているときの手の動きなど、原作のファンの方にも、『あのシーンだ』と喜んでもらえるよう演じました。いつか成長したらあの萬田銀次郎になるだろうな、と想像してもらえるよう意識して演じています」と語った。また小林はドラマの見どころについて、「萬田銀次郎は強い人間と言うイメージがあると思いますが、このドラマでは金貸しになる前の道のりを描いているので、弱い部分も見せています。親を愛しているからこその復讐心や、恋愛の苦しみといったラブストーリーの要素もあります。強い部分だけじゃなく、銀次郎のさまざまな感情や表情をみていただきたい」とアピールした。

なお銀次郎を教育するスペシャリスト集団「チーム銀次郎」は、BOYS AND MENのメンバーである本田剛文辻本達規吉原雅斗水野勝田村侑久勇翔が演じる。また長老役は関秀人が務める。

この記事の画像(全9件)

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」

2019年4月25日(木)より毎週木曜24:25~24:55(関西ローカル)

スタッフ

原作:天王寺大
萬画:郷力也
企画:郷力也、増田幸一郎(メディアプルポ)
脚本:政池洋佑、澤田征士
演出:根本和政 / 藤原慎平、吉川優作、堀江拓真、高野有里、杉岡亮(メディアプルポ)
プロデュース:石岡雅樹(カンテレ)、増田幸一郎(メディアプルポ)
制作:カンテレ

キャスト

萬田銀次郎:小林豊BOYS AND MEN

チーム銀次郎

教授:本田剛文(BOYS AND MEN)
館長:辻本達規(BOYS AND MEN)
バンク:吉原雅斗(BOYS AND MEN)
ヤブ医者:水野勝(BOYS AND MEN)
IT:田村侑久(BOYS AND MEN)
ペラペラ:勇翔(BOYS AND MEN)   
長老:関秀人
ほか

※高野有里の高ははしご高が正式表記。

全文を表示

郷力也のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 郷力也 / BOYS AND MEN / 小林豊 / 本田剛文 / 辻本達規 / 吉原雅斗 / 水野勝 / 田村侑久 / 勇翔 / 関秀人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。