コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

あの超人は何のなかま?「キン肉マン」と「学研の図鑑」がコラボ

1947

「学研の図鑑 キン肉マン『超人』」より。各項目の扉には原作の名シーンをカラー化して掲載。

「学研の図鑑 キン肉マン『超人』」より。各項目の扉には原作の名シーンをカラー化して掲載。

ゆでたまご「キン肉マン」と、学研プラスによる「学研の図鑑」シリーズがコラボした書籍が、5月23日に発売。初回版にはゆでたまご描き下ろしケースが付属する。

「学研の図鑑 キン肉マン『超人』」は、「『キン肉マン』に登場する超人が現実世界に存在したとしたら?」をコンセプトに作られた図鑑。「正義超人」「悪魔超人」「完璧超人」といった属性で超人を分類せず、形状や大きさの標本を網羅することに特化し、アトランティスやゲッパーランドを「魚類のなかま」、サンシャインやザ・魔雲天を「岩石・鉱物のなかま」といった具合に紹介している。

登場する超人は約700体。ウナギマンやイカデビルといったサブキャラクターまで含め、フルカラーのイラストで描き下ろされた。キャラクターブックではなく、あくまで「図鑑」である本書では、大きさを見比べられるよう、同じ見開き内の超人は同じ比率で掲載し、複数の姿を持つ超人は可能な限りのバリエーションを見ることができる。

そのほか超人のトリビアを扱った「肉ちしき」、バッファローマンのロングホーンといった超人の身体の一部を実物大の大きさで掲載する「本当の大きさ」、 超人の生態や社会についてのコラムといったページも用意された。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー