コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高田ローズが読み切りでエレガンスイブ初登場、上京前の32歳女性の心残りとは

53

高田ローズによる読み切り「スダチの季節」が、本日2月26日発売のエレガンスイブ(秋田書店)に掲載された。

本作の主人公は、32年間生まれ育った土地を出て上京することを決めた“スダチ”こと菅田チカコ。彼女は10年間1人暮らしをしていた部屋で誰ともセックスしていないことを心残りにしており、行きつけのバーの店長に一晩だけの関係をお願いしようとするが……。なお高田は本作でエレガンスイブ初登場となる。

また今号では、コナリミサト「凪のお暇」が表紙と巻頭に登場。表紙に描かれた凪は、今月発売されたばかりの5巻の表紙と同じポーズを取っていることにも注目だ。

なおコミックナタリーでは、宝島社刊「このマンガがすごい!2019」のオンナ編にて鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」が1位に、コナリミサト「凪のお暇」が3位にランキングしたことを記念し、鶴谷とコナリの対談を掲載。古くからの友人である2人が、お互いのマンガの好きな場面などについて約1万5000字にわたってトークを繰り広げた。特集の最後には、ブルボン小林による2作品のマンガ評も掲載している。

コミックナタリーをフォロー