コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「Dimensionハイスクール」蒼井翔太が実写で出演、VRインタビュー動画公開

578

実写パートに出演した蒼井翔太。

実写パートに出演した蒼井翔太。

TVアニメ「超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』」で“次元の使者”役を務める蒼井翔太のVRインタビュー映像が、VR動画専用配信サービス・360Channelにて配信されている。

本作はキャスト自身によるモーションキャプチャで制作されたアニメパートと、実写パートを行き来しながら展開される学園ファンタジー作品。蒼井はこれまで“次元の使者”としてナレーションを務めていたが、TOKYO MXほかにて去る2月21日に放送された第7話で実写パートにサプライズ出演を果たした。実写パートではメインキャラクターの物理教師・桃谷の学生時代の親友役として学ラン姿で登場した蒼井。コメントも到着しており、「小中高と学ランだったので、久しぶりに着たなぁという感覚と、この歳になって着るかぁって感覚がありました(笑)」「ファンの方の反応も楽しみです」と感想を伝えた。

VRインタビュー映像は、ドラマの撮影現場である学校の図書室で撮影。本作への出演が決まったときの心境や撮影時の裏話などを蒼井が学ラン姿で語っている。360Channelではアニメ本編キャストの大塚剛央橋本祥平財木琢磨による動画も配信中だ。

また蒼井の実写パート出演を記念し、サイン入りチェキが当たるキャンペーンも実施。希望者は「Dimensionハイスクール」の公式Twitterアカウント(@dimension_hs)をフォローし、該当のツイートをRTしよう。

蒼井翔太(次元の使者役)コメント

出演が決まったときの感想

ドラマの出演ははじめてだったことと、学生服を着ると聞き、年齢的な部分もあって最初は「僕でいいんですか!?」と不安もありましたが、僕の役のパートナーが、同い年で普段から仲良くさせていただいている染谷(俊之)くんだったので安心しました!

学生服を着た感想

小中高と学ランだったので、久しぶりに着たなぁという感覚と、この歳になって着るかぁって感覚がありました(笑)。髪も長かったので、「こんな高校生いないよなぁ」って思いながらでしたが、ヘアメイクさんに協力していただいて何とか高校生に見えるようにしていただきました。この仕事をしていると、いろんな役を演じさせていただくので、とても貴重な経験でした。
ファンの方の前でも、ちゃんと着た学ラン姿は見せたことがないんですよ。今後、蒼井翔太として学ランを着る機会はあるかもしれないけれど、高校生役として着る機会は少ないと思うので、そういう意味でもファンの方の反応も楽しみです。

(c)Dimensionハイスクール製作委員会

コミックナタリーをフォロー