コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「ガンダム00」座長・橋本祥平が新たな挑戦に「武力で介入していこう!」

1847

舞台「機動戦士ガンダム 00 -破壊による再生-Re:Build」囲み取材の様子。前列左からアレルヤ・ハプティズム役の鮎川太陽、刹那・F・セイエイ役の橋本祥平、ロックオン・ストラトス役の伊万里有、ティエリア・アーデ役の永田聖一朗。後列左からグラハム・エーカー役の前山剛久、リボンズ・アルマーク役の赤澤燈、アリー・アル・サーシェス役の窪寺昭。

舞台「機動戦士ガンダム 00 -破壊による再生-Re:Build」囲み取材の様子。前列左からアレルヤ・ハプティズム役の鮎川太陽、刹那・F・セイエイ役の橋本祥平、ロックオン・ストラトス役の伊万里有、ティエリア・アーデ役の永田聖一朗。後列左からグラハム・エーカー役の前山剛久、リボンズ・アルマーク役の赤澤燈、アリー・アル・サーシェス役の窪寺昭。

アニメ「機動戦士ガンダム00」を原作とした舞台「機動戦士ガンダム 00 -破壊による再生-Re:Build」が、本日2月15日に東京・日本青年館ホールにて開幕。初演前にはキャストたちの囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

「機動戦士ガンダム00」は、西暦2307年の地球を舞台に、武力での戦争根絶を掲げる私設武装組織・ソレスタルビーイングの戦いを描く物語。囲み取材には刹那・F・セイエイ役の橋本祥平、ロックオン・ストラトス役の伊万里有、アレルヤ・ハプティズム役の鮎川太陽、ティエリア・アーデ役の永田聖一朗、グラハム・エーカー役の前山剛久、リボンズ・アルマーク役の赤澤燈、アリー・アル・サーシェス役の窪寺昭が出席した。

まず主演の橋本は「『ガンダム』が舞台化されるなんて、誰が思っていたでしょうか。でも舞台上で『ガンダム』ができるという表現の幅が広がったことがうれしくもあり、可能性は無限大ということを強く感じました。この稽古期間は間違いなく、僕らが一番『00』について考え、熱く議論しあい、立ち向かってきました。その努力の結晶を皆さんにお届けしたいと思います」と力強くコメント。伊万里は自身演じるロックオンに触れながら「いつも明るいキャラクターなんですが、家族をテロリストによって失ってしまったという悲しい背景を持っていまして。僕も稽古場では明るくしていながら、家に帰ると悩みに悩んでしまって、夢の中にガンダムが出てきたり、稽古風景が出てきたりしました。24時間ガンダム体制というぐらい、自分が成長できた役どころです」と説明する。また「アンサンブルのメンバーがいなかったら舞台が成り立たないぐらいがんばってくれているので、彼らにも注目してほしい」と呼びかけた。

鮎川からは「たぶん皆さん、『ガンダムの舞台って、どうなんだろう……』という期待と不安が入り混じっていると思います。僕たちも、新しいものにチャレンジするということでドキドキしていて。昨日の夜中まで、みんなで『こうしていこう、ああしていこう』と話し合いをしていました。そのとき、(橋本)祥平くんが『新しいものに、武力で介入してこう』と言ってくれたんです」という裏話が明らかに。赤澤も橋本の発言について「LINEグループの中では滑ってたけど(笑)、本当にその通りだと思います。演劇の力で、ガンダムという作品に立ち向かいたいと思います」と宣言する。

永田は自身の役どころについて「ティエリアはクールでプライドも高く、完璧主義な人間で自分とは結構かけ離れたキャラクターなんですが、実は子供っぽい部分もあって。自分にも共通しているところがあるので、舞台上で彼の成長を等身大で演じられたらと思います」と言及。前山は「『00』が大好きで、原作のアニメを親友の俳優と一緒に観てたことを思い出します」と述懐しながら、「グラハムはよく“愛”について語ってるんです。僕自身も愛をモットーにしているのでシンパシーを感じます(笑)。この舞台が演じられるのも、『00』が愛されていたから。僕は愛に感謝して挑みたいと思います」と意気込んだ。

また小学生の頃から「ガンダム」のプラモデル作りをしていたほど、「ガンダム」ファンという窪寺。「今回の舞台に『モビルスーツ』は出ません。ロボットアニメが好きと言うと『ロボットが好きなんでしょ?』とよく言われるんですが、僕はそこに描かれてる人間ドラマや背景が好きなんです。『00』の舞台では人間ドラマのほうがフィーチャーされているので、そういう要素で直球勝負できてありがたく思っております」と述べた。

最後に橋本は舞台の見どころについて「ガンダムマイスター4人が登場するシーンは何回も考えて、いろんな案を出したので注目してほしい」とアピール。締めくくりに橋本とそのほかのキャスト陣で「俺が!」「俺たちが!」「ガンダムだ!!」と気合いを入れ、会見は幕を閉じた。

舞台「機動戦士ガンダム 00 -破壊による再生-Re:Build」

東京公演

日程:2019年2月15日(金)~18日(月)
会場:東京・日本青年館ホール

大阪公演

日程:2019年2月23日(土)~24日(日)
会場:大阪・森ノ宮ピロティホール

スタッフ

原作:「機動戦士ガンダム 00」(「機動戦士ガンダム」シリーズより)
脚本・演出:松崎史也
監修:水島精二

キャスト

刹那・F・セイエイ:橋本祥平
ロックオン・ストラトス:伊万里有
アレルヤ・ハプティズム:鮎川太陽
ティエリア・アーデ:永田聖一朗
グラハム・エーカー:前山剛久
ビリー・カタギリ:一内侑
スメラギ・李・ノリエガ:立道梨緒奈
フェルト・グレイス:松村芽久未
ラッセ・アイオン:澤田拓郎
リヒテンダール・ツエーリ:阿瀬川健太
クリスティナ・シエラ:小林末往
セルゲイ・スミルノフ:加藤靖久
ソーマ・ピーリス:希代彩
カティ・マネキン:平湯樹里
パトリック・コーラサワー:瀬戸祐介
アリー・アル・サーシェス:窪寺昭
リボンズ・アルマーク:赤澤燈
ヨハン・トリニティ:坂垣怜次
ミハエル・トリニティ:船木政秀
ネーナ・トリニティ:伊藤優衣

(c)創通・サンライズ

コミックナタリーをフォロー