コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

新條まゆ「快感▼フレーズ」次世代ストーリー開幕!4月に“イケメン展”も開催

517

「ソノ声で、ソノ歌を。」扉イラスト (c)新條まゆ/小学館

「ソノ声で、ソノ歌を。」扉イラスト (c)新條まゆ/小学館

新條まゆ「快感▼フレーズ(▼はハートマーク)」の新シリーズとなる「ソノ声で、ソノ歌を。」が、本日2月5日発売のSho-Comi5号(小学館)で開幕した。

「快感▼フレーズ」は1997年から2000年までSho-Comiにて連載され、単行本のシリーズ累計発行部数は1000万部を突破する新條の代表作の1つ。「ソノ声で、ソノ歌を。」は「快感▼フレーズ」の次世代を描く物語で、第1話ではメイクを得意とする主人公・星歌が、Λucifer(リュシフェル)の大河内咲也プロデュースによるバンドの最終オーディションのため、ボーカル探しに奮闘する姿が綴られている。なお主要キャラクターが描かれた扉イラストは、通販サイト・ブルームアベニューにて複製原画として販売開始された。さらに「新條まゆPRESENTS『イケメン展』」が、4月に都内で開催されることも決定。新條作品を彩ってきたイケメンたちのイラストが展示される。

また今号には白石ユキの新作読み切り「野良猫と陽だまり」が登場。「はにかむハニー」と2本立てにて掲載されている。

コミックナタリーをフォロー