コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高橋留美子がアングレーム国際漫画祭の最優秀賞を受賞、日本人では2人目

2248

本日1月24日よりフランスで開催されているヨーロッパ最大級のマンガイベント・第46回アングレーム国際漫画フェスティバルにて、「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」などで知られる高橋留美子が最優秀賞(le Grand Prix)を受賞した。

同フェスティバルにて日本人のマンガ家がグランプリを受賞するのは、2015年の大友克洋以来2人目となる。高橋からはコメントが到着し、「この度は栄誉ある賞をありがとうございます。今後の創作活動の励みになります。ありがとうございました」と綴られた。

そのほかにも優れた作品をピックアップする公式セレクションに、石塚真一「BLUE GIANT」、安倍夜郎「深夜食堂」、田辺剛「狂気の山脈にて」、ヤマザキマリとり・みきによる「プリニウス」、山本美希「Sunny Sunny Ann!」、古谷実「サルチネス」、石川優吾「ワンダーランド」、若者層向けの作品を選ぶユースセレクションに白浜鴎「とんがり帽子のアトリエ」、歴史に残すべき作品を選ぶ文化遺産セレクションに佐々木マキ「佐々木マキ作品集(うみべのまち)」が選出された。

コミックナタリーをフォロー