コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

23歳以下に限定したジャンプの新マンガ賞、うすた京介・矢吹健太朗メッセージも

98

応募者を23歳以下に限定した、週刊少年ジャンプ編集部による「U23ジャンプWEBマンガ賞」が創設された。

「U23ジャンプWEBマンガ賞」では選考を20代のジャンプ編集者のみで担当。奨励賞を必ず23本以上選出することが約束されており、大賞受賞者には賞金100万円と少年ジャンプ+への掲載権が授与される。募集期間は本日12月19日から2019年3月31日まで。ユーザー投稿型のWebマンガサービス・ジャンプルーキー!にて投稿を受け付ける。

なお賞の応募者に向け、21歳で「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」でデビューを果たしたうすた京介、18歳で「邪馬台幻想記」でデビューを果たした矢吹健太朗からのメッセージも公開された。

うすた京介メッセージ

僕が初めてマンガ賞をもらったのは15~16歳頃、投稿を始めたのは13歳頃でした。今思うとかなり早いですが、小さい頃から漫画ばかり描いていた僕としては当時誰に教わるでもなく当たり前のようにやっていた事でした。
とにかく自分の描いた漫画を知らない誰かに評価してもらいたい、誰かに認められたいという思いが人一倍強かったように思います。
今はネットの普及で一般の人が作品を発表できる場も増えましたが、だからこそその中で際立つ存在になるのは大変かもしれません。
でもいつの時代でも一番大事なのは「認められたい」という強い思いと根拠のない自信です。若いうちにどれだけ勘違い出来たかで、君の人生は変わるかもしれません!

矢吹健太朗メッセージ

漫画家は楽しいです!! 絵を描いてお金をもらえるだけでも幸せなのに、パーティーで憧れの作家さんに会ったり、作品を通じて声優さんやアニメーターさんなど、他業種の人と知り合えたり、意外に外との繋がりも広がる仕事です。
あとやっぱり漫画界において「ジャンプ」のパワーは大きいです。思わぬところで「読んでました!」って人に出会えたりします。漫画好きで、それを仕事にできると思う人にはぜひ目指して欲しい! もちろん狭き門ではあるのでアドバイスできるとしたら…「プロ意識」!! たとえ漫画賞でも、プロを目指す以上は「人を楽しませる商品」と思って作品を作るべきだと思います。自分の漫画の何が売りなのか、どこで楽しませたいのか、考えながら作品を作りましょう!!…って、これは視野が狭かったデビュー当時の自分に言いたいことなんですが…。いつか、「U23ジャンプWEBマンガ賞でデビューしました!」って会いに来てくれたら嬉しいなぁ…。待ってます!!

コミックナタリーをフォロー