コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ゾンビランドサガ」メンバーの目に涙、愛に溢れたフランシュシュ初ライブ

2604

TVアニメ「ゾンビランドサガ」でアイドルグループ・フランシュシュを演じるキャスト陣が、本日12月15日に千葉・幕張メッセで開催中の「CygamesFes2018」に出演。“リアル「フランシュシュ」”初となるライブが行われた。

「ゾンビランドサガ」は宮野真守演じる謎のアイドルプロデューサー・巽幸太郎によって集められたゾンビの少女たちが、佐賀を救うためにアイドルグループを結成したことから始まるオリジナルアニメ。イベントには源さくら役の本渡楓、二階堂サキ役の田野アサミ、水野愛役の種田梨沙、紺野純子役の河瀬茉希、ゆうぎり役の衣川里佳、星川リリィ役の田中美海の6人が登壇した。

巽の呼び込みにより、この日初披露だという衣装を身にまとったメンバーが次々に登場すると満員の会場からは大きな歓声が起こる。自己紹介を終えたメンバーが、本作が佐賀県を舞台にしていることから佐賀県から観に来た人がいるか質問すると、客席から手が上がりキャストたちも驚きをみせていた。

続いて巽から届いたというメッセージ動画が流され、そのハイテンションな映像に観客は爆笑。さらに「モデルぶってウォーキングだけで観客を魅了してみよう」というフランシュシュへの指令が伝えられ、ステージからはけていくメンバーたち。劇中で披露された「目覚めRETURNER」の楽曲に合わせ、颯爽とウォーキングを披露しながらフランシュシュの面々が現れると大きな拍手で迎えられる。ウォーキングに合わせ巽から種田には“サガジェンヌ”のポーズ、サキにはヤンキーのポーズなど、無茶振りのナレーションが入るも全力で応えていくメンバーに会場のテンションもさらに上がっていく。指令をやり遂げた後は、戸惑いながらも楽しんだことを全員が話し、「面白いことをやってくれると信じています」と、スタッフからの信頼を感じる投げやりな指示があったことを明かしながら笑顔を見せた。

続くコーナーでは、山田たえ役の三石琴乃と境宗久監督からの手紙が、本渡と衣川によって代読される。自分にとって特別な作品になったという境監督からの手紙では、「どのスタッフも隙あらば面白いことをしよう」という現場の空気がうまく作品に出ていることが語られ、特にアフレコ現場で役者同士が互いに刺激し合い高まっていく様子が、作中のフランシュシュの成長とリンクしているように感じられた、と綴られた。

三石のメッセージは、まだゾンビらしさを残すたえのうめき声からなぜかスタート。こんなにも客を巻き込んで楽しめる作品はないと作品へ太鼓判を押し、この日のために歌とダンスのレッスンを積んだメンバーヘ労いの言葉がかけられる。さらに「ありったけのあなたのサガをぶつけてください」とこれからライブを行うメンバーを後押しするベテランからの優しい言葉に、田野や河瀬らは目に涙が浮かべていた。

三石からの応援を受けて行われたライブの1曲目は、エンディングテーマにもなっている「光へ」。会場全体がしっとりとした雰囲気に包まれた後のMCでは、人前で歌うのが初めてで緊張しているという河瀬を、田野が自身の演じるサキのように男らしく励ましたというエピソードが明かされ、大きな歓声が上がった。続けて披露されたのはオープニングテーマ「徒花ネクロマンシー」。本渡の口上から始まるアップテンポな楽曲に会場のボルテージは一気に高まる。初ライブとは思えない堂々としたステージに、観客は大満足の様子だった。

ライブ後の挨拶では田中が佐賀でもライブをしたいと新たな展開に期待し、衣川は作品を応援してくれるファンへの感謝を述べる。作品が終わってほしくないと河瀬や種田が話し、誰もが作品への強い思いを持っていることを伝える。田野は夕方からのステージにも関わらず早朝から並んでくれたファンもいたことを明かし、2019年3月17日に開催されるライブイベントへの意気込みを口にする。最後となった本渡は、挑戦続きの作品であったと話し始め2期、3期、劇場版と作品がこれからも続いてほしいと熱い思いを吐露し、会場からもそれを応援するようにひときわ大きな歓声が沸き起こった。

イベントはここで終了するはずだったが、急遽決まったというスタッフの粋な計らいで、もう1度「徒花ネクロマンシー」を披露。フランシュシュの作品への愛に呼応するように、この日1番の歓声が贈られ、イベントは幕を閉じた。

(c)ゾンビランドサガ製作委員会

コミックナタリーをフォロー