コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

たなかマルメロ「俺たちマジ校デストロイ」来春舞台化!キャスト&ビジュアル公開

411

たなかマルメロ「俺たちマジ校デストロイ」の舞台化が決定。2019年3月21日から30日にかけて、東京・シアター1010で上演される。

「俺たちマジ校デストロイ」は普通の男子高校生たちが、アイドルユニットを組んで青春する物語。ビーズログCHEEKにて連載中で、単行本3巻が12月28日に刊行される。舞台ではトモこと皆瀬友役を谷水力、ニーナこと新名裕輝役を野口稜介、メグこと三栗俊役を熊谷魁人、キスケこと矢野喜助役を永田聖一朗、ミユこと鈴城御由役を小南光司、ジュンこと芹沢純役を堀海登、ユッキーこと加賀幸彦役を大橋典之が担当。キービジュアル、7人のソロビジュアルとコメントも到着した。

公演はSTORYパートとLIVEパートの2部構成。マジ校デストロイによるライブのほか、公演替わりでオリジナルユニット楽曲も披露される。また一部日程では公演終了後に、ロビーにて「放課後アフターイベント」と題した“お見送り会”を実施。日替わりでさまざまなメンバーが登場し、観客にお見送りをする。公式サイトではチケットの先行申し込み予約を受付中だ。

なお12月31日に埼玉・大宮ソニックシティで開催される「STAGE FES 2018」に、谷水、野口、熊谷、小南、堀、大橋の登壇が決定。「俺たちマジ校デストロイ」のメンバーとして、初めて観客の前に登場する。詳細は「STAGE FES 2018」のサイトで確認しよう。

谷水力(皆瀬友役)コメント

初座長ということもあり、今はドキドキと不安もありますが期待感で溢れています! 歌もダンスもそんなに経験があるわけではないですが、どちらも大好きなので今回も頑張ります!

野口稜介(新名裕輝役)コメント

原作を読んで、最初にカッコいいと思ったのがニーナ! 初めてのお芝居でプレッシャーはありますが、観て頂いた方に「ニーナ役の人、原作ぽかったよね」と言われるよう頑張ります!

熊谷魁人(三栗俊役)コメント

ウェイウェイ系の若いチャラ男は、僕にとって新たな挑戦です! メグって、ムードメーカーな男の子なので、お笑いシーンにいろいろなアドリブを入れてお客さんと一緒に楽しみたいですね!

永田聖一朗(矢野喜助役)コメント

キスケのネクラな部分と実は仲間思いの優しい部分など、役のコントラストを丁寧に演じていきたいです! 高校生の日常が舞台となっていますが、アイドルとしてのキラキラした部分もあり、お客さんと一体となって楽しい舞台を作りたいですね!

小南光司(鈴城御由役)コメント

ミユは学園の王子様ながらワケありの男の子。秘密の部分は舞台を見てからのお楽しみですが、複雑かつ繊細なキャラを演じるのが楽しみです!青春を思い出すような舞台にしたいですね!

堀海登(芹沢純役)コメント

ジュンは素の自分とは真逆。ジュンのセクシーさ、そして男っぽさを歌とダンスで表現したいです! 高校生の時の気持ちや甘酸っぱい思い出を楽しんでもらえるような舞台にしたいですね!

大橋典之(加賀幸彦役)コメント

今までに舞台で踊った経験はありますが、歌うのは初! しかもアイドル的な「キラキラ」した役を演じるのも初!本舞台では新しい事に挑戦でき、一歩踏み出せるような感じがして楽しみです!

舞台「俺たちマジ校デストロイ」

期間:2019年3月21日(木・祝)~30日(土)※全13公演予定
会場:シアター1010

キャスト

皆瀬友:谷水力
新名裕輝:野口稜介
三栗俊:熊谷魁人
矢野喜助:永田聖一朗
鈴城御由:小南光司
芹沢純:堀海登
加賀幸彦:大橋典之

スタッフ

原作:たなかマルメロ「俺たちマジ校デストロイ」(KADOKAWA B's-LOG COMICS)
演出・脚本:村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
劇中歌プロデュース:AstroNoteS
制作:Office ENDLESS

(c)Marumero Tanaka/KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ

コミックナタリーをフォロー