コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「よんでますよ、アザゼルさん。」11年の連載に幕、小野坂昌也らのコメントも

9137

「よんでますよ、アザゼルさん。」扉ページ。

「よんでますよ、アザゼルさん。」扉ページ。

久保保久「よんでますよ、アザゼルさん。」が、本日12月11日発売のイブニング2019年1号(講談社)にて最終回を迎えた。

2007年より同誌にて連載開始された「よんでますよ、アザゼルさん。」は、下級悪魔のアザゼル篤史や芥辺探偵事務所の芥辺、その助手・佐隈りん子らが繰り広げるギャグ作品。最終16巻は2019年2月22日に発売される。2011年、2013年にTVアニメ化されており、今号にはアザゼル篤史役の小野坂昌也、佐隈りん子役の佐藤利奈、芥辺役の浪川大輔、ベルゼブブ優一役の神谷浩史、堂珍光太郎役の白石涼子、監督の水島努、キャラクターデザイン・総作画監督の谷口淳一郎からのコメントが掲載された。

そのほか今号ではイブニングによる新たな新人賞「e-cup」の募集を開始。全応募作品の中からトップの評価を獲得した作品は、賞の種類を問わず本誌もしくはコミックDAYSでの連載が確約され、連載準備金として50万円が贈呈される。第1回の応募締め切りは2019年3月31日。応募方法の詳細は誌面およびWebサイト・モアイにて確認を。

また12月25日発売のイブニング2号より「累 ―かさね―」の松浦だるまによる短期連載「今/渦子往くこはく色のはて」がスタート。さらに2019年1月9日発売の3号より、「羊のうた」「イエスタデイをうたって」の冬目景による新連載「空電の姫君」が連載開始される。

コミックナタリーをフォロー