コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ映画「あした世界が終わるとしても」古谷徹がナレーションで参加

83

映画「あした世界が終わるとしても」より。

映画「あした世界が終わるとしても」より。

オリジナル長編アニメーション映画「あした世界が終わるとしても」のナレーションを古谷徹が担当することが発表された。

2019年1月25日に公開される映画「あした世界が終わるとしても」は、幼い頃に母を亡くして以来、心を閉ざしがちな狭間真と、彼をずっと見守ってきた幼なじみの泉琴莉を軸にした物語。古谷のナレーションは映画の冒頭で流される。さらに千本木彩花演じるコトコ、悠木碧演じるミコ、水瀬いのり演じるリコらを捉えた新規場面カットも到着した。

また「TRUNK オーディション #004 映画『あした世界が終わるとしても』声優オーディション」の合格者も発表に。男性役に秋山諒、女性役に西島梨央が櫻木優平監督によって選ばれた。

オリジナル長編アニメーション映画「あした世界が終わるとしても」

2019年1月25日(金)公開

スタッフ

原作:クラフター
監督・脚本:櫻木優平
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会
配給:松竹メディア事業部

キャスト

狭間真:梶裕貴
泉琴莉:内田真礼
ジン:中島ヨシキ
コトコ:千本木彩花
ミコ:悠木碧
リコ:水瀬いのり
狭間源司:津田健次郎
泉宗:森川智之
ユーリ:水樹奈々

(c)あした世界が終わるとしても

コミックナタリーをフォロー