オリジナルアニメ映画「あした世界が終わるとしても」公開決定、監督は櫻木優平

155

オリジナル長編アニメーション映画「あした世界が終わるとしても」が、2019年1月25日に公開されることが決定した。

「あした世界が終わるとしても」ビジュアル

「あした世界が終わるとしても」ビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

合わせて作品情報、ポスタービジュアル、場面カットも解禁に。監督・脚本は、「新世紀いんぱくつ。」「INGRESS THE ANIMATION」を手がける櫻木優平が務め、原作・アニメーション制作はクラフタースタジオが担当する。またポスタービジュアルでは、誰もいない夕暮れの新宿を俯きながら歩く主人公・真(シン)と、真の前を軽やかに歩く笑顔のヒロイン・琴莉(コトリ)が描かれた。

さらにクリアファイル付きのムビチケが10月19日より上映劇場にて販売開始。また10月6日発売のダ・ヴィンチ11月号(KADOKAWA)より、櫻木が書き下ろした原作小説「あした世界が終わるとしても」が連載されることも伝えられた。加えて、作品の出演者を決める「TRUNK オーディション #004 映画『あした世界が終わるとしても』声優オーディション」の開催も決定。詳細はオーディションサイトにて確認を。

この記事の画像(全9件)

オリジナル長編アニメーション映画「あした世界が終わるとしても」

2019年1月25日(金)公開
原作:クラフター
監督・脚本:櫻木優平
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会
配給:松竹メディア事業部

全文を表示

関連記事

リンク

(c)あした世界が終わるとしても

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。