コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宝井理人が描く“植物の種”巡るファンタジー「グランネリエ」2年半ぶり新刊

219

宝井理人「グランネリエ」の単行本3巻が、本日11月27日に発売された。「グランネリエ」の新刊が発売されるのは、前巻から2年7カ月ぶり。

「グランネリエ」はさまざまな力を秘めた“植物の種”が存在し、それによって生活が支えられている世界を描くファンタジー。月刊Gファンタジー(スクウェア・エニックス)で連載中だ。3巻では種を体内に有する“保有者”の嫌疑で国家研究機関グランネリエの本部に連行されたリュカと、反グランネリエ組織に組したアベル、それぞれの視点から物語が展開される。

一部書店では購入者に特典を用意。配布状況は店舗により異なるため、各書店で確認を。アニメイトでは限定の宝井描き下ろしイラストのキャンバスアートパネルが付いた限定版も用意された。

「グランネリエ」3巻 店舗購入特典

アニメイト各店:B5クリアファイル
文教堂・アニメガ各店(一部店舗除く):イラストカードI
とらのあな各店(一部店舗除く):イラストカードII
丸善ジュンク堂書店各店(一部店舗除く):イラストペーパー

コミックナタリーをフォロー