コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

新1年生が不思議現象に遭遇?学生寮舞台のオカルトコメディ、アワーズで開幕

57

田丸鴇彦の新連載「エクスプローラーズ6」が、本日10月30日発売のヤングキングアワーズ12月号(少年画報社)でスタートした。

「エクスプローラーズ6」は森中学園高等部で寮生活を始めた少年・柴田千尋が、一風変わった先輩寮生・細川桧依と出会ったことから始まるオカルトコメディ。千尋が入居した119号室は、なんと1年前に死人が出た事故物件だった。幽霊などのオカルトに興味がある桧依は、千尋の部屋で勝手に降霊術を行ったり、感想を聞こうと付きまとったりと彼を振り回す。オカルトなんて信じていない千尋だったが、その夜どこからかラップ音が聞こえ始めて……。なお次号では、椙下聖海による「馬姫様と鹿王子」、大石まさる「大江戸スモーキングマン」という2本の新連載が始動する。

コミックナタリーをフォロー