コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「応天の門」展が太宰府天満宮で開催!原画や描き下ろし、道真ゆかりの品並ぶ

1801

灰原薬「応天の門」の企画展が、12月8日から2019年4月14日まで福岡・太宰府天満宮宝物殿にて開催される。

「応天の門」は平安京を舞台に、学問の天才・菅原道真と京随一の色男・在原業平が怪事件に挑むクライムサスペンス。企画展の実施は、本日10月20日発売の月刊コミックバンチ12月号(新潮社)で告知された。

会場では灰原による原画や関連イラスト、大宰府に取材し描き下ろした新作イラストを展示予定。会期中、宝物殿第1・2展示室では、太宰府天満宮に代々伝わる道真ゆかりの品をはじめとする歴史的資料も並ぶ。

なお11月中旬に発行が予定されている太宰府天満宮のフリーペーパー「太宰府自慢」では、灰原の寄稿を掲載。配布の詳細は、dazaifujiman@dazaifutenmangu.or.jpに問い合わせを。

応天の門展

期間:2018年12月8日(土)~2019年4月14日(日)
会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室
休館日:月曜(12/24、1/7、1/14、2/11、2/25、3/25は開館)
料金:一般400円、高大生200円、小中生100円

コミックナタリーをフォロー