コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ライバル2周年企画満載!2冊組で計1344P、8作家の合作も

本日4月3日発売の月刊少年ライバル5月号(講談社)は、創刊2周年を記念した特別企画を満載している。854ページの5月号と490ページの5.5月号、2冊組で計1344ページと超ボリューム。価格は据え置きで500円と大サービスだ。

巻頭では、松本ひで吉岸本聖史兎中信志小出もと貴小林ゆき高木聡坂本憲司郎ののやまさきの8作家による合作「黒ねこ7番勝負~弾丸トラベニャーズ~」が登場。松本ひで吉「ほんとにあった!霊媒先生」に登場するキャラクター、黒ねこを各作家がそれぞれに描いている。

また人気ゲーム「ラブプラス」をコミカライズした新連載、現津みかみ「ラブプラス Manaka Days」がスタート。ヒロイン・高嶺愛花の視点で、付き合いたての彼氏へのピュアな恋愛感情が描かれている。付録として「ラブプラス」のキャラクターデザイナ―、ミノ☆タローによる描き下ろしポスターが綴じ込まれており、QUOカードプレゼントも実施中だ。

さらにゲストも充実しており、真島ヒロの新作読み切り「西風と太陽」が掲載。氷川へきるが読み切り「るきあ in the room2」で2年ぶりに登場し、サッカー日本代表のエースストライカーを描く工藤晋原作、佐久間力作画の「岡崎慎司物語」が前後編でスタートしている。

連載陣も増ボリュームで、坂本憲司郎「BUSTER KEEL!」と永吉たける「いますぐクリック!」は一挙2話掲載。小出もと貴「AKATSUKI―朱憑―」、作田和哉「クロオビ!隼太」、 小林ゆき「絶対博士コーリッシュ」、兎中信志「弟キャッチャー俺ピッチャーで!」はいずれも本編と番外編の2本立てで登場している。

コミックナタリーをフォロー