コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

画業66年の現役作家わたなべまさこ特集、萩尾望都・くらもちふさこコラボグッズも

231

わたなべまさこの初期短編集「わたなべまさこ名作セレクション~花と洋館とファッションと~」と、書籍「総特集わたなべまさこ 90歳、今なお愛を描く」が、河出書房新社より発売された。

わたなべまさこは1952年に「小公子」でデビューし、画業66年を迎えた現在も執筆を続ける現役最年長女性マンガ家。「わたなべまさこ名作セレクション~花と洋館とファッションと~」には、60年代にりぼん(集英社)で連載された「花の館」、64年に別冊マーガレット(集英社)に掲載された「小さなレディ」「お嬢さまお手をどうぞ」、同年りぼんに掲載された「まいごのミチル」の4作品が収録された。なお「小さなレディ」は本書が初の単行本収録となる。

「総特集わたなべまさこ 90歳、今なお愛を描く」では、「生まれ変わってもマンガ家になりたい」と語るわたなべの2万4000字インタビューを、多数の図版を交えながら掲載。単行本未収録の「花の精チュチュ」や、萩尾望都木原敏江くらもちふさこ花村えい子による特別寄稿もおさめられた。巻末には年表と全作品リストも収録。わたなべのキャリアを振り返る1冊となっている。

また、2冊の出版を記念した原画展が東京・銀座のスパンアートギャラリーにて、9月と11月の2期に分けて開催される。9月30日まで開催中の第1期「カラーイラスト編」では、「ガラスの城」「聖ロザリンド」「金瓶梅」などのカラーイラストの展示に加え、複製画やオリジナルグッズ、萩尾望都やくらもちふさことのコラボグッズも販売される。

なお11月3日から18日にかけては第2期「マンガ原稿編」を開催。原画展はいずれも入場無料となっている。

「わたなべまさこ原画展[カラーイラスト編]」

会期:2018年9月15日(土)~30日(日)11:00~19:00 ※水曜休
会場:東京・スパンアートギャラリー
料金:入場無料

「わたなべまさこ原画展[マンガ原稿編]」

会期:2018年11月3日(土・祝)~18日(日)11:00~19:00 ※水曜休
会場:東京・スパンアートギャラリー
料金:入場無料

コミックナタリーをフォロー