コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

STUDIO4℃の日仏共同アニメに草なぎ剛「“鉄コン”スタッフとご一緒できて嬉しい」

1003

STUDIO4℃制作の日仏共同製作アニメーション「ムタフカズ」が、10月12日に劇場公開される。あわせて草なぎ剛柄本時生満島真之介の出演が明らかにされた。

「ムタフカズ」はフランスのバンド・デシネ作家、ギヨーム“RUN”ルナールの「MUTAFUKAZ」をもとに、「鉄コン筋クリート」などで知られるSTUDIO4℃とフランスの映像制作会社・ANKAMAが共同製作したアニメーション作品。犯罪者と貧乏人の街・DMC(ダーク・ミート・シティ)を舞台に、毎日ダラダラ過ごしていたアンジェリーノ、ヴィンス、ウィリーの3人の身に巻き起こる騒動を描く。

「鉄コン筋クリート」でキャラクターデザイン・総作画監督を担当した西見祥示郎がルナールと共同で監督を務め、同じく「鉄コン筋クリート」で美術監督を務めた木村真二も参加。日本語版ではアンジェリーノ役を草なぎ剛、ヴィンス役を柄本時生、ウィリー役を満島真之介が担当する。なお2017年のアヌシー国際アニメーション映画祭、東京国際映画祭ではフランス語版のプレミア上映が実施されていた。

草なぎらの起用理由について西見監督は「性格と雰囲気とボディイメージが3人のキャラクターにピッタリなこと、それに加えて3人のバランスが上手く出ることを大切に考えてキャスティングさせて頂きました」とコメント。草なぎは「『鉄コン筋クリート』という作品が大好きなので、そのスタッフとご一緒できるのがとても嬉しかったです!」と喜びを述べている。

草なぎ剛(アンジェリーノ役)コメント

「鉄コン筋クリート」という作品が大好きなので、そのスタッフとご一緒できるのがとても嬉しかったです!人間の愛という普遍的なテーマがストレートに表現されていて、“愛によって弱さが強さに変わる!”ということを感じていただけたら嬉しいです!

柄本時生(ヴィンス役)コメント

望まれずにバケモノになってしまった主人公がそれに抗っていく物語は面白いと思います。キャラクターたちの想像力が存分にでていてアニメーション映画の魅力が最大限に出ていると思いました。自分の声が人様に届くことはなかなかないので楽しくきいていただけたらと思います

満島真之介(ウィリー役)コメント

僕が演じたのは、中身は人間、見た目は“矯正しているコウモリ”として描かれている役柄です。(笑)
アニメーションでしかできない世界観の中で、今まで自分には無かったやり方で挑戦したいと思ったんです。
“声だけで表現をする”という事に、とても希望を感じていて、
眼で見える情報だけではなく、あえて”耳で聞く”という事にフォーカスを当てると、人間の元々抱くイメージや記憶を超えた
新鮮な驚きや、ハッと気づくものがあると思うんです。
ものすごく興味深い作品と共に、自分自身も前進させてもらっています。

西見祥示郎(監督)コメント

個性的な声の俳優キャストさんのおかげで作品がより面白くなりました。ランさんの音楽も超イケてると思います。映画を観て頂ける皆さんに喜んでもらえると幸いです。ムタフカズをよろしくお願いします。

木村真二(美術監督)コメント

中学生の頃夢中になったフランス映画。こんな形で参加できて光栄です。アンカマやランさんたちとの密度の濃い合作。そしてひさびさの4℃っぽい映画が完成しました。80’s無国籍ムービーをお楽しみください。

「ムタフカズ」

東京・渋谷シネクイントほかにて2018年10月12日公開

スタッフ

監督・絵コンテ:西見祥示郎
監督・編集:ギヨーム“RUN”ルナール
総作画監督:滝口禎一
美術監督:木村真二
プロデューサー:田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:ANKAMA

キャスト

アンジェリーノ:草なぎ剛
ヴィンス:柄本時生
ウィリー:満島真之介

(c)ANKAMA ANIMATIONS - 2017

コミックナタリーをフォロー