コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

奇書「家畜人ヤプー」石ノ森版が復刻。解説は丸尾末広

8

沼正三の小説を石ノ森章太郎がマンガ化した「劇画家畜人ヤプー」の復刻版が、ポット出版より3月18日に発売された。巻末には丸尾末広による解説文を収録している。

「劇画家畜人ヤプー」は白人女性が頂点に君臨し、黄色人種はその家畜として飼育されている、2000年後の未来社会が舞台。肉便器(セッチン)、畜人犬(ヤップ・ドッグ)など、グロテスクなキャラクターが描かれるSF作品だ。戦後最大の奇書として知られ、三島由紀夫や澁澤龍彦にも絶賛された原作を、石ノ森が独自の筆致で描き出している。

また刊行を記念して、丸尾末広と吉田アミによるトークショーが4月22日にヴィレッジヴァンガード下北沢店にて開催される。定員は90名で、参加には単行本を購入した者に先着順で配付される整理券が必要。詳細は店舗に電話で確認を。

「劇画家畜人ヤプー 【復刻版】」刊行記念トークショー「丸尾末広に聞くマゾヒズムの世界」

日時:2010年4月22日(木)20:15開場、20:30開演
場所:ヴィレッジヴァンガード下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢
電話:03-3460-6145
出演:丸尾末広、吉田アミ

コミックナタリーをフォロー