劇場版「はいからさん」後編、秘密を抱えるキャラ・ラリサ役は坂本真綾

508

大和和紀原作によるアニメ映画「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」の追加キャストが発表された。ラリサ役を坂本真綾が務める。

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」より、ラリサ(左)とサーシャ(右)。

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」より、ラリサ(左)とサーシャ(右)。

大きなサイズで見る(全5件)

坂本が演じるラリサは、ロシアから日本へ亡命してきた少尉そっくりの旧ロシア貴族・サーシャ・ミハイロフ侯爵の夫人。後編から登場する秘密を抱えたキャラクターで、坂本は「物語の中では視聴者の皆さんに嫌われる役なのかしら……と思ったんですが、台本を読んで、決して悪人でもなければ意地悪でもない、彼女は彼女で一生懸命に生きているのだと思いました」とコメントしている。

「はいからさんが通る」は大正時代の東京を舞台に、活発でおてんばな“はいからさん”こと花村紅緒と、許嫁である陸軍少尉・伊集院忍との波乱万丈な恋模様を描いた物語。「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は10月19日より全国公開される。

坂本真綾(ラリサ役)コメント

坂本真綾

坂本真綾[拡大]

だれにも言えない重大な秘密をひとりで抱えています。
自由なマインドを持つ紅緒とは正反対なラリサ。
物語の中では視聴者の皆さんに嫌われる役なのかしら……と思ったんですが、
台本を読んで、決して悪人でもなければ意地悪でもない、
彼女は彼女で一生懸命に生きているのだと思いました。

この記事の画像(全5件)

「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」

2018年10月19日(金)公開予定

スタッフ

原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)
監督:城所聖明
脚本:古橋一浩
キャラクターデザイン:西位輝実
総作画監督:伊藤秀樹・大竹紀子・中村深雪
美術デザイン:加藤靖忠
美術監督:小幡和寛
色彩設計:辻田邦夫
撮影:秋山涼路
音響監督:若林和弘
音楽:大島ミチル

キャスト

花村紅緒:早見沙織
伊集院忍:宮野真守
青江冬星:櫻井孝宏
鬼島森吾:中井和哉
藤枝蘭丸:梶裕貴
北小路環:瀬戸麻沙美
ラリサ:坂本真綾

全文を表示

関連記事

大和和紀のほかの記事

リンク

関連商品

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 大和和紀 / 坂本真綾 / 城所聖明 / 宮野真守 / 古橋一浩 / 早見沙織 / 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。