「AIの遺電子」を通して人工知能について学べる書籍、山田胡瓜インタビューも

93

山田胡瓜「AIの遺電子」の世界観にもとづいてAIについて学べる書籍「キーワードで読み解く人工知能 『AIの遺電子』から見える未来の世界」が、本日6月29日にエムディエヌコーポレーションより発売された。

「キーワードで読み解く人工知能 『AIの遺電子』から見える未来の世界」

「キーワードで読み解く人工知能 『AIの遺電子』から見える未来の世界」

大きなサイズで見る(全9件)

松尾公也、松本健太郎の共著による本書では、「AIの遺電子」のキャラクターやストーリーを引用しながら、AIの研究はどこまで進んでいるのか、どんな形で生活に浸透しつつあるのかなどについてコラムで解説。そのほかにも用語解説や、「人工知能はどのように進化していくのか?」と題した山田のインタビューも収録されている。

「AIの遺電子」は、国民の1割がヒューマノイドとなった近未来を舞台に、人工知能専門の医師である主人公・須堂が、ロボットやヒューマノイドが抱えるさまざまな問題を解決していくSFオムニバス。現在は別冊少年チャンピオン(秋田書店)にて続編の「AIの遺電子 RED QUEEN」が連載中だ。

この記事の画像(全9件)

関連記事

山田胡瓜のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山田胡瓜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。