コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「名探偵コナン」遠藤保仁選手が本人役で再びゲスト出演「前回よりよかった」

10055

遠藤保仁選手

遠藤保仁選手

7月14日に放送されるテレビアニメ「名探偵コナン」第907話「Jリーグの用心棒」に、ガンバ大阪に所属するサッカー選手・遠藤保仁がゲスト出演する。

遠藤選手がアニメ「名探偵コナン」に出演するのは、2012年に公開された劇場版「名探偵コナン 11人目のストライカー」以来6年ぶり2度目のこと。「Jリーグの用心棒」でも前回に続き本人役で出演する。アフレコを終え、遠藤選手は「すごく楽しくやれました。セリフも短かったし、前回よりよかったんじゃないですか?」と自信を覗かせながら「でも集中する前に終わっちゃいました。あと10セリフくらいあったらちょうどよかったのかも(笑)」と余裕を見せるコメント。また「声優さんと圧倒的な差があるので、改めて『声優さんって本当にすごいなあ』と思いました」としみじみ述べた。

今回改めて描き下ろされた自身のイラストを見て、遠藤選手は「イケてますねー!」と喜びながら「僕、右目が一重で左目が二重なんですけど、ちゃんとそうなってますね。よく見ていますね」と感心した様子。加えてJリーグが開幕25周年という節目に「名探偵コナン」のアフレコに挑戦できたことに対し、「放送する時期にワールドカップがどうなっているのか今後の結果次第ですが、ちょうどサッカーに注目が集まっている時期なので、日本代表だけではなく、Jリーグのことももっと知ってもらいたいです。その1つのきっかけになってくれたら」と語った。

「Jリーグの用心棒」では、東京スピリッツ対ガンバ大阪の始球式を務めることになった小五郎が、コナンらを連れて東都スタジアムにやってくるところから始まる。しかし始球式で小五郎は体調を崩してしまい……。コナンと灰原は小五郎が口にしたペットボトルについて調べていく。

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

コミックナタリーをフォロー